[PHP入門]XAMPPとは? インストール方法・使い方を分かりやすく解説!

PHPを使用してWebアプリケーションを開発するために開発環境を整える必要があります。

開発環境を整えるためにどのようなものをインストールしないといけないのでしょうか。

PHPを開発するために、Webサーバー、PHP、データベースサーバーをインストールしなければいけません。

個々にインストールしても問題ありませんが、「XAMPP」というソフトウェアを使用すると、簡単にインストールすることができます。

このページでは最低限必要なPHP動作環境とXAMPPのインストール方法・使い方を解説していきます。

このページで解説すること

1.PHP動作環境

2.「XAMPP」インストール方法・使い方

あわせて読みたい

⇒⇒プログラミング言語「PHP」とは何か分からない場合、以下のページをご覧下さい。

[PHP入門]プログラミング言語「PHP」とは? 分かりやすく解説!

[PHP入門]プログラミング言語「PHP」の基礎知識・記述ルールをわかりやすく解説!

1.PHP動作環境

PHPを動作させるためにどのようなソフトウェアをインストールしなければいけないのでしょうか。

PHPを動作させるためにサーバー、PHP、データベースサーバーが最低限必要になります。

以下でサーバー、PHP、データベースサーバーについて説明していきます。

サーバー
PHPはサーバーサイドのスクリプト実行環境です。
クライアントからの要求の一部にPHP実行があった場合、PHPを実行し、結果をクライアントに返答するためにサーバーが必要になります。
サーバーといっても種類は様々ですが、ここではWebサーバーであるApacheをインストールします。
PHP
PHPを動作させるためには、PHP本体が必要となります。
PHP本体にはPHP実行エンジン、各種ライブラリ、設定ファイルの見本など、PHPによるWebアプリケーションの開発や実行に必要なソフトウェアが含まれています。
データベースサーバー
PHP動作環境にデータベースサーバーは必須ではありません。
しかし、データベースサーバーがあることでクライアントからのデータを保存することができ、Webアプリケーションのコンテンツの幅を広げてくれるでしょう。

PHP動作環境

2.「XAMPP」インストール方法・使い方

PHPを動作させるためにサーバー、PHP、データベースサーバーが最低限必要なことが分かりました。

サーバー、PHP、データベースサーバーを個別にインストールすることも可能ですが、XAMPPを利用することでPHPの動作環境をまとめてインストールすることが可能です。

XAMPPでインストールされるソフトウェアは以下の通りです。

  インストールされるソフトウェア
Webサーバー Apache
データベース MySQL
プログラム PHP
データベース管理ツール phpMyAdmin

上記のようなソフトウェアが一度の作業ですべてインストールされます。

XAMPPはPHPで開発するために欠かすことができないツールとなっています。

それではXAMPPのインストール方法を見ていきましょう。

①Apache Friendsのホームページにアクセスする
Apache FriendsのホームページにアクセスしてXAMPPインストーラをダウンロードします。
ダウンロード用のファイルはWindows用やMac用など、OS別に提供されているので、使用中のコンピューターに合わせて選びましょう。
ここではWindows用を例に説明していきます。
以下がApache Friendsのホームページです。
https://www.apachefriends.org/jp/index.html
ここではWindowsの「7.3.11」をインストールします。
②XAMPPインストーラを起動する
「xampp-windows-x64-7.3.11-0-VC15-installer」をクリックし、XAMPPインストーラを起動する。
ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら、「OK」ボタンをクリックしてインストールを続けます。
※以下はインストール先に関する注意点ですが、インストール先が指定していない場合、「C:\Program Files」にインストールされます。
③インストールするソフトウェアを選択する
「Setup」が表示されるので「Next」ボタンをクリックします。
次に「Select Components」が表示されたら、デフォルトの状態で「Next」ボタンをクリックします。
③インストールを開始する
「Installation folder」が表示されるので、インストール先を指定します。
ここではデフォルトのまま「Next」ボタンをクリックします。
※警告であったように「C:\Program Files」にインストールするのは避けましょう。
「Bitnami for XAMPP」が表示されます。
「Learn more about Bitnami for XAMPP」のチェックを外して「Next」ボタンをクリックします。
「Ready to Install」が表示されたら「Next」ボタンをクリックします。
インストール実行中の画面が表示されます。
インストールが完了すると「Do you want to start the Control Panel now?」と表示されるので、チェックを入れて「Finish」ボタンをクリックします。
④コントロールパネルを起動する
「Language」が表示されるので、「英語」のラジオボタンを選択し、「Save」をクリックする。
言語設定が終わると「XAMPP Control Panel」が表示されます。
⑤必要なソフトウェアを起動させる
今回はApacheとMySQLを起動させるために「Start」ボタンをクリックします。
起動が成功すると、「Stop」ボタンに変わります。
環境によって、ファイアーウォールの警告画面が表示されるので、その場合はブロックを解除しましょう。

ポイント

・PHPを動作させるためにサーバー、PHP、データベースサーバーが最低限必要になります

・XAMPPを利用することでPHPの動作環境をまとめてインストールすることが可能です

2020年02月04日