.htaccessとは? できることと注意点

Webサイトを運営している方であれば、WebサイトのURL変更を行った経験がある人もいるかと思います。

このような場合、変更前のURLから変更後のURLにリダイレクト(転送)する必要があります。

リダイレクトする時に使用されるのが、「.htaccess」というファイルです。

ここでは「.htaccess」について解説していきます。

このページで解説すること

1.「.htaccess」とは

2.「.htaccess」でできること

1.「.htaccess」とは

「.htaccess」は「ドット・エイチ・ティ・アクセス」と読み、Webサーバーをコントロールするためのファイルのことです。

「.htaccess」ファイルはApache(アパッチ)などのソフトウェアが使用されている環境で使用が可能となっています。

もし、「.htaccess」ファイルを使用できるか判断できない場合は、サーバー管理者に確認するといいでしょう。

「.htaccess」ファイルは普通のテキストでできており、簡単に作成することができます。

メモ帳に設定したい記述を行い、「.htaccess」というファイル名で保存すると完成です。

以下がhttpからhttpsに転送したい時の301リダイレクトの一例です。

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTPS} off

RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]

Webサーバーの特定のディレクトリに「.htaccess」ファイルを設置するとWebサイトに対して様々な設定ができます。

例えば、Webサイト全体を制御したい場合はファイルを最上位のディレクトリに設置する必要があります。

ファイルは複数設置することが可能で、複数ファイルがある場合は下の階層のファイルが優先的に適用されます。

Apacheとは?

Apacheとは...

Apacheソフトウェア財団で開発されたWebサーバーのソフトウェアのことです。

オープンソースソフトウェアで無料利用可能、高機能、高いセキュリティ性、多くのOSに対応していることから世界中で一番利用されています。

多くのWebアプリケーションはApacheを想定して開発されています。

2.「.htaccess」でできること

次に「.htaccess」ファイルを使用することで設定できることを見ていきましょう。

代表的なことは以下の通りです。

ユーザー認証機能の設定
「.htaccess」ファイルでWebサイトのアクセス時にIDとパスワードの入力を求めるユーザー認証機能を設定できます。
ユーザー認証機能を設定することで、社員サイト、会員サイト等を作成することができます。
URLの自動転送
「.htaccess」ファイルでURLの自動転送を行うことができます。
最も使用するのがこのURLの自動転送かもしれません。
「.htaccess」ファイルにリダイレクト設定を行うと、自動的に旧URLから新URLへ転送することが可能です。
エラーメッセージ表示
ユーザーがURLの入力ミス、Webサーバーの混雑などが要因でエラーがあった時、エラー表示をカスタマイズしてブラウザに表示させることができます。
アクセス制限
「.htaccess」ファイルで特定のドメインやIPアドレスからの閲覧を拒否することができます。
また、特定のドメインやIPアドレスからの閲覧を許可することができます。

上記で「.htaccess」でできることを4つ紹介しましたが、Webサーバーによって使用できない場合があるので、注意が必要になります。

そのため、「.htaccess」ファイルを設置する前に使用できるか確認しましょう。

ポイント

・「.htaccess」ファイルはWebサーバーをコントロールするためのファイルです。

・「.htaccess」ファイルでユーザー認証機能の設定、URLの自動転送、エラーメッセージ表示、アクセス制限を行うことができます。

・「.htaccess」ファイルを使用する前にWebサーバーの環境を確認しましょう

2019年11月22日