【2023年】Azure入門を学ぶことができるオススメの書籍/本

Azureを学ぶことができるオススメの本を知りたい人

Azureを学ぶことができるおすすめの本を知りたい。

自分のレベルに合う本を知りたい。

上記のようなお悩みを持っている方はいないでしょうか?

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • Azure入門を学ぶことができるオススメの本

書店やECサイトをみるとAzureを扱っている本はたくさんあり、レベルも様々です。

自分のレベルに合わない本を選ぶと途中で挫折してしまったり、学べることがあまりなかったということが起きます。

そんな方向けにAzureを学ぶことができるオススメの入門書をご紹介していきたいと思います。

気になる方は是非、最後まで読んで頂ければと思います。

Azureを学ぶことができるプログラミングスクール
  1. 侍エンジニア塾
    無料カウンセリングに申し込む! 簡単30秒!
    ・専属のインストラクターとの対面かSkypeでのレッスンを通じてプログラミングスキルを身につけて頂き、就職や転職までサポート
    ・アンケート回答でAmazonギフト券1,000円分プレゼント
    ・【期間限定】最大88,000円相当無料! 最大2レッスン分無料キャンペーン実施中!
  2. テックスタジアム
    無料相談会に申し込む!
    ・今なら限定サポート期間1週間無料延長権付き

    ・コース修了後、当社経由で就職先が決まり、就業を確認できた方には、授業料を全額返還

Azure入門を学ぶことができるオススメの本

Azureを学習する際に書籍を選ぶポイントとして「サンプルコードでしっかりと解説されている」、「図解や画像などが豊富にのっている」、「初心者でも優しくわかりやすい言葉で書いてある」ということが重要です。

上記のことを念頭に置いて参考書を選ぶといいでしょう!

それではAzure入門を学ぶことができるオススメの本をご紹介していきます。

全体像と用語がよくわかる! Microsoft Azure入門ガイド

\Kindle版もあります!/

本の概要

「Azureの必須知識を身に付けたい!」「Azureの全体像をつかみたい!」という方に最適な、Azure入門の決定版が登場!

クラウドは今や、ITインフラやシステム開発に必要不可欠な存在となりましたが、各クラウドで提供される機能は実に膨大なため、いつどれを使えばいいのかがわからない・全体像がつかみにくい……と思う方もいるでしょう。本書は、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」のサービス詳細や用語を、図を用いながら解説することで、Azureの必須知識が身に付くようにした入門書です。サーバーやストレージといった基本的なサービスから、AI・機械学習やIoT、ビッグデータといったサービスまで、詳しくしっかり学べます。また「マイクロソフト製品との連携が容易」「Visual StudioやVisual Studio Codeなどでの開発が可能」といった、Azureならではの特徴も解説しています。ITエンジニアやプログラマーだけではなく、クラウドの運用を行う「情シス」や、クラウド開発の提案や説明を行う「営業担当」にまで、おすすめの1冊です。

Azure定番システム設計・実装・運用ガイド 改訂新版

\期間限定キャンペーン実施中/
Kindle版もあります!

本の概要

本書は2018年に発行した『Azure定番システム設計・実装・運用ガイド』を3年ぶりに改訂したものです。日本マイクロソフトのAzureサポートチームの現役のサポートエンジニアが、日常のサポート業務から得たノウハウをAzure利用者の皆さんに伝授する書籍です。既存環境をAzureに移行する実践的なシナリオに沿って、なぜそのサービスを使う必要があるのか、どのようなことに注意して構成する必要があるのかといった、ベストプラクティスを解説します。
今回の改訂では内容のアップデートにとどまらず、サポート部門への問い合わせやユーザー需要が増加した分野(ディスク暗号化、Front Doorなど)について大幅に加筆しました。巻頭の序文は前回に引き続き、“赤間本”の赤間信幸氏が特別寄稿しています。

Microsoft Azure実践ガイド

\kindle unlimitedだと無料で読めます!/

本の概要

Microsoft Azureの基本サービスである、仮想マシン、PaaS、ネットワーク、ストレージ、データベース、セキュリティを対象として、各種サービスの使い方、仕様、複数のサービスを組み合わせたシステム構築手法などを解説します。
本書の導入部では、企業システムでの活用を前提とした、冗長構成をとったサンプルシステムの構築からスタートし、基本サービスの解説では、具体例を示しながら各種サービスの主だった機能を網羅的に取り上げます。
運用・設計の解説では、AzureのAPIを利用した運用管理のコード化(Infrastructure as Code)を取り上げ、プロビジョニングや構成管理の自動化を図り、最後に、Azureのリファレンスアーキテクチャを参考に、Windows/Linux、.NETとSQL Server/MongoDB、Express、Angular、Node各サービスを組み合わせたシステム設計を詳細に解説します。

Azure Functions入門~サーバー管理を不要にするサーバーレスアプリ開発のすべて~

\Kindle版もあります!/

本の概要

クライアントアプリケーションの頻繁な変化に合わせて、サーバーサイドにHTTPサーバーを構築するのはなかなか困難です。
ある日は数十件だったものが、ある日は数万件も発生するようなピークに変動のあるアクセスに対して、物理サーバーを用意するのはコスト的に問題があります。
AWS Lambda、Google Cloud Functions、そしてMicrosoft社のAzure Funcitonsは、これらの変動に素早く対応するために、サーバーレスな実行環境を用意しました。
HTTPサーバーや特殊なサーバーを構築する必要はなく、あたかもプログラムで関数を呼び出すかのようにプログラミングができる実行環境です。これが関数=Functionの名前の由来でもあります。
本書で扱うAzure Functionsは、数多くのトリガー(関数を呼び出すイベント)とバックエンドで扱えるサービス(データベースやファイルストレージなど)を持っています。
また、.NET Coreでプログラミングできることから、Azureの各種のサービスを既存のクラスライブラリを通して利用できます。
クライアントサイドのアプリケーションが、直接Azure内のサービスにアクセスするのではなく、Azure Functionsを通すことでサーバーサイドのさまざまなサービスを後日拡張できます。
非常に範囲の広いAzure Functionsの機能を解説するために、本書は2部構成にしてあります。1章から5章は、基礎編として個別のトリガーについて詳しく解説しています。
Azure PortalとVisual Studioを使った例を使い、実際にトリガーの動きをみていきます。6章以降は応用編として各種トリガーの組み合わせやAzureが提供するストレージサービスとの組み合わせを具体例を示して作成していきます。

まとめ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

今回、Azure入門を学ぶことができるオススメの本をご紹介しました。

この機会に是非学習してみてはいかがでしょうか?

Azureを学ぶことができるプログラミングスクール
  1. 侍エンジニア塾
    無料カウンセリングに申し込む! 簡単30秒!
    ・専属のインストラクターとの対面かSkypeでのレッスンを通じてプログラミングスキルを身につけて頂き、就職や転職までサポート
    ・アンケート回答でAmazonギフト券1,000円分プレゼント
    ・【期間限定】最大88,000円相当無料! 最大2レッスン分無料キャンペーン実施中!
  2. テックスタジアム
    無料相談会に申し込む!
    ・今なら限定サポート期間1週間無料延長権付き

    ・コース修了後、当社経由で就職先が決まり、就業を確認できた方には、授業料を全額返還

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です