【爆速】ConoHa VPSを利用した7 Days to Dieサーバーの立て方!

7 Days to Dieサーバーの立て方を知りたい人

ConoHa VPS」を利用した7 Days to Dieサーバーの立て方を知りたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • 複数人で7 Days to Dieを遊ぶためには?
  • Conoha VPSを利用するメリット
  • Conoha VPSを利用して7 Days to Dieサーバーを構築してみよう!
  • ゲームをより快適にするオススメのアイテム!

「7 Days to Die(セブン デイズ トゥ ダイ、略称:7DTD)」はThe Fun Pimpsによるオープンワールドのサバイバルホラーゲームです。

迫り来るゾンビの襲撃から生き延びるというゲームです。

ゾンビを振り切りながら木や石を集め、装備を充実させまていきます。

さらに、無人の建物をバリケードで強化し、周囲に落とし穴を掘ったり、串刺しトラップを仕掛けたりしつつ、拠点を組み上げていくのがとても楽しいゲームです。

そんな7 Days to Dieですが、複数人で楽しむためには自前のサーバーを立てる必要があります。

中でも「ConoHa VPS」は7 Days to Dieテンプレートがあるので初心者でも簡単にインストールすることができます。

また、最大23%OFFのVPS割引きっぷがあるのでお得にゲームを楽しむことができます。

そこでこの記事では誰でも簡単にサーバーを立てることができる「ConoHa VPS」をご紹介します!

気になる方は是非最後まで読んでいただければと思います。

\7 Days to Dieマルチサーバーのテンプレート提供/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

この記事の対象者
  • ConoHa VPS」を利用した7 Days to Dieサーバーの立て方を知りたい方

1.複数人で7 Days to Dieを遊ぶためには?

7 Days to Die(略称: 7DtD、7D2D)は世界滅亡後のオープンワールドを楽しむ3Dゾンビサバイバルゲームです。

7 Days to Dieは銃撃戦だけがメインのゲームではありません。

サバイバル要素が非常に多く、拠点作り、食料補給、クラフトなどといったコンテンツも非常に魅力的なゲームとなっています。

建物を探索して武器や食べ物などを集め、ゾンビの襲撃に耐えうる建物を建築します。

そして、7の倍数の日の夜22時以降はゾンビたちが大量に発生するホードシステムが発生します。

ゾンビの大群をどう乗り越えて生き残るかがこのゲームの醍醐味となっています。

夜になるとゾンビたちは一気に凶暴化し、活動もよりアクティブになります。

このゲームは一人でも楽しめますが、複数人で同じ世界で一緒にプレイすることでより一層楽しむことができるんです。

複数人が同じマップ上で同時に7 Days to Dieをマルチプレイするにはサーバーを用意する必要となります。

中でもConoHa VPSさくらのVPSKAGOYA CLOUD VPSなどのVPSがオススメです。

「電気代が発生しない」、「パソコンが消耗しない」、「難しい設定が必要ない」など色々とメリットがあるので国内VPSを利用することをオススメします。

VPSを利用するメリット

サーバーが国内にあるので接続も安定しており、安全・快適に遊べます。

また、ConoHa VPSさくらのVPSKAGOYA CLOUD VPSなどのVPSは選択肢を選ぶだけでサーバー環境ができあがるテンプレートを用意してくれています。

サーバー初心者の方でも数分で設定することが可能となっているのでとてもオススメです。

VPSを利用するデメリット

唯一のデメリットとしては、費用がかかってしまうことになります。

しかし、少人数で遊ぶ場合は月々1,000円以内で遊ぶことができるので、公式サーバーよりも低コストで遊べます。

費用を少しでも抑えたいという方は割引きっぷが提供されているConoHa VPSを利用することをオススメします。

\7 Days to Dieマルチサーバーのテンプレート提供/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

2.Conoha VPSを利用するメリット

ConoHa VPS」は7 Days to Dieテンプレートがあるので初心者でも簡単にインストールすることができます。

また、最大23%OFFのVPS割引きっぷがあるのでお得にゲームを楽しむことができます。

Conoha VPSを利用するメリット
  • 簡単にマルチサーバーが立てられる
  • 初期費用無料、最低利用期間無し
  • 月額968円から使えておトク
  • すぐに使えるVPS
  • 迅速なスケール
  • スマホアプリでよりかんたんに
  • 3世代までバックアップ
  • おトクな長期利用割引きっぷが利用できる

簡単にマルチサーバーが立てられる

ゲームのマルチサーバーを簡単に立てられる、テンプレートイメージを無料でご用意しています。

VPS追加時にお好きなゲームテンプレートイメージを選択するだけで、簡単にマルチサーバーが立てられます。

ConoHa VPS」では7 Days to Dieサーバーをインストール済みのテンプレートイメージを提供していますので、初期設定だけで簡単に使い始めることができます。

注意点

7 Days to Dieイメージはメモリ1GB以上のプランで利用が可能となっております。

初期費用無料、最低利用期間無し

ConoHa VPS」で提供する全てのプランで、初期費用無料・最低利用期間無し。

いつでも気軽に始められ、月の途中でも簡単に解約できます。

月額968円から使えておトク

968円/月からVPSを使えます。

また、1ヶ月に満たない利用の場合は、自動的に1.7円/時~の時間単位の課金に切り替わるので、無駄なコストをかけずに利用できます。

VPS割引きっぷなら通常料金よりも最大23%おトクです。

購入したきっぷは、既に通常料金でご利用中の「ConoHa VPS」にも適用できます。

VPS割引きっぷとは!?

VPS割引きっぷは3か月以上、長期でご利用の場合にお得となるサービスとなります。

VPS割引きっぷを購入しVPSを紐付けることで紐付けたVPSのご利用料金をお得にできます。

すぐに使えるVPS

ConoHa VPS」はわずか3ステップでかんたんに始められます。

なんと25秒でVPS構築が完了します。

ゲームのマルチサーバーを簡単に構築できるテンプレートイメージを無料でご用意しています。

VPS追加時にご希望のゲームテンプレートイメージを選択するだけで、すぐに遠隔地の人とマルチプレイをお楽しみいただけます。

さらにお申し込み時にクレジットカード払いまたはAmazon Payを選択した場合、申し込み後すぐにConoHa VPSを利用できます。

迅速なスケール

スケーリングはデータ移行の必要がなく、コントロールパネルからかんたんに行うことができます。

急なトラフィックが発生した際も、イメージ保存機能を使ってサーバーの複製を迅速に完了します。

スマホアプリでよりかんたんに

いつでもどこでも手軽にサーバーの監視・管理ができる、国内業界初のスマホアプリ「ConoHa Mobile」を無料提供します。

コントロールパネルをアプリ用にカスタマイズしたほか、サーバーの状態やチャージ残高をお知らせするプッシュ通知機能を搭載しています。

3世代までバックアップ

バックアップは週に一回取得され、最大3世代まで管理できます。

保存されたバックアップは、コピーを作成したり、不要なものは削除することができます。

さらに、バックアップからサーバーの再構築を行ったり、バックアップをイメージとして保存し、それをベースに新しいサーバーの作成をするといった柔軟な活用も可能です。

おトクな長期利用割引きっぷが利用できる

ConoHa VPS」を3ヶ月以上ご利用の場合におトクな長期利用割引きっぷが用意されています。

きっぷの有効期間が長ければ長いほど割引率がアップし、よりおトクにConoHa VPSを利用できます。

\7 Days to Dieマルチサーバーのテンプレート提供/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

3.Conoha VPSを利用して7 Days to Dieサーバーを構築してみよう!

それでは実際に7 Days to Dieマルチサーバーを立ち上げてみましょう。

ConoHa VPS」では7 Days to Dieサーバーをインストール済みのテンプレートイメージを提供していますので、初期設定だけで簡単に使い始めることができます。

\7 Days to Dieマルチサーバーのテンプレート提供/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

注意点

7 Days to Dieイメージはメモリ1GB以上のプランで利用が可能となっております。

7 Days to Dieアプリケーションイメージのインストール手順

STEP.1

ConoHa VPS」のサイトから「今すぐお申し込み」をクリックして、申し込みを開始します。

はじめて利用する場合には、氏名や住所などの基本情報を入力して登録を進めます。

コントロールパネルへログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

STEP.2

イメージタイプ「アプリケーション」から「7 Days to Die」を選択してサーバーを作成します。

STEP.3

7 Days to Dieの設定に際してサーバーのIPアドレスが必要になるので、作成したサーバーのIPアドレスを確認します。

コントロールパネル左メニューの「サーバー」を開き、作成したサーバーのネームタグをクリックします。

サーバーの詳細画面の「ネットワーク情報」のIPアドレスを手元に控えます。

7 Days to Dieの設定方法

STEP.1

7 Days to Dieを起動し「Join a Game」を選択します。

STEP.2

「Connect to IP…」ボタンをクリックします。

STEP.3

「IP」には上記で確認したサーバーのIPアドレスを入力します。「Port」には「26900」を入力します。「Connect」をクリックしてサーバーに入室します。

サーバーを初めて起動する際に初期ワールドが生成されるため、ワールドはサーバーごとに異なったものになります。

ゲームサーバーコントロールパネルのアクセス方法

STEP.1

上記のサーバーの詳細画面でWebコンソールを実行します。

STEP.2

「root」でログインしゲームサーバーコントロールパネルのURLとパスワードを確認します。

STEP.3

ゲームサーバーコントロールパネルのURLをブラウズでアクセスしパスワードを入力します。

7 Days to Dieサーバーの関連ファイルは「/opt/7dtd」ディレクトリ内に設置されています。

4.ゲームをより快適にするオススメのアイテム!

これから紹介するグッズはゲームをより快適にするオススメのアイテムになります。

既に持っているグッズもあると思いますが持っていないグッズもあると思います。

どういうところがおすすめかもわかりやすく解説しているので参考にしてみてください!

ゲーミングデスク

ゲーミングデスクはゲームに集中したい人や広いデスクで軽的な環境を作りたい人におすすめです。

在宅ワークの方にも使えるアイテムとなっています。

ゲーミングチェア

ゲームをするときにリラックスできるグッズの代表がゲーミングチェアです。

ゲーミングチェアの座り心地は抜群です!

ゲーム以外でも在宅ワークでも使用できるので持ってて損しないですよ!

ゲーミングモニター

ゲーミングモニターはゲーム機本体は持っていてもゲームはテレビ画面でしているという方におすすめです。

テレビ画面でプレイしていた人はゲーミングモニターを使用してのゲームは驚くほど世界が違うのでびっくりすると思います!

ゲーミングマウス

ゲーミングパソコンでゲームをしているなら皆さん持っているでしょうが、持っていない人は今すぐ購入すべきです。

通常のマウスと違って感度や滑りやすさ、ボタンの数が違うので持ってるだけでゲームで有利です。

ゲーミングキーボード

ゲーミングキーボードのメリットは感度の高さとゲームに合わせた、キーカスタムができる点です。

ゲーム以外の在宅での作業でも十分できます。

ゲーミングヘッドセット

ゲームの世界に没頭できる代表的グッズがゲーミングヘッドセットです。

5.まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

ConoHa VPS」は7 Days to Dieサーバーにおススメです。

だれでも簡単にセットアップできるので是非利用を検討してみてはいかがでしょうか?

\7 Days to Dieマルチサーバーのテンプレート提供/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です