【2023年】Docker入門を学ぶことができるオススメの書籍/本

Dockerを学ぶことができるオススメの本を知りたい人

Dockerを学ぶことができるおすすめの本を知りたい。

自分のレベルに合う本を知りたい。

上記のようなお悩みを持っている方はいないでしょうか?

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • Docker入門を学ぶことができるオススメの本
  • Dockerを学ぶことができるオススメのプログラミングスクール

書店やECサイトをみるとDockerを扱っている本はたくさんあり、レベルも様々です。

自分のレベルに合わない本を選ぶと途中で挫折してしまったり、学べることがあまりなかったということが起きます。

そんな方向けにDockerを学ぶことができるオススメの入門書をご紹介していきたいと思います。

気になる方は是非、最後まで読んで頂ければと思います。

この記事の対象者
  • Dockerを学びたい方
  • Dockerを学ぶことができる入門書を知りたい方

Docker入門を学ぶことができるオススメの本

Dockerを学習する際に書籍を選ぶポイントとして「サンプルコードでしっかりと解説されている」、「図解や画像などが豊富にのっている」、「初心者でも優しくわかりやすい言葉で書いてある」ということが重要です。

上記のことを念頭に置いて参考書を選ぶといいでしょう!

それではDocker入門を学ぶことができるオススメの本をご紹介していきます。

たった1日で基本が身に付く! Docker/Kubernetes超入門

\Kindle版もあります!/

本の概要

本書は、次世代のアプリケーションアーキテクチャとして注目されている「マイクロサービス」の技術基盤となるコンテナ技術「Docker」とコンテナオーケストレーション技術「Kubernetes」を取り上げ、Dockerの基本的な利用法、DockerfileやComposeの設計、コンテナのデータ永続化やCI/CD、Kubernetesによる複数コンテナの自動管理までを、一気に学習します。この1冊を読めば、DockerとKubernetesの基礎知識と開発のイメージが、たった1日で掴めます! さらに、サンプルファイルを使って実際にコンテナを操作し、アプリの開発・デプロイを体験することで、1週間ほどでより実践的なテクニックが身に付きます。

 

仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん

\期間限定キャンペーン実施中/
Kindle版もあります!

本の概要

イラストで、1歩目から少しずつ。これならDockerがわかる!

本書は、若手エンジニアや、バックエンドの技術にあまり詳しくない人に向けて書かれたDockerの入門書です。イラストやハンズオンを多めに入れて、Linuxの知識や、サーバの構築経験がなくても、理解しやすいように努めています。

本書はDockerをまったく知らない初心者から読める内容ですが、「とりあえずコマンドが打てるようになる」ことを目的にした本ではありません。Dockerがそもそもどんな仕組みで動いているのか、コマンドでは何を命令しているのか、オプションや引数は何を意味しているのかをきちんと理解できるように、イラストを多用して説明しています。

Dockerをひととおり動かして、止めて、廃棄するまでの流れを身に付けた上で、複数のコンテナ同士で通信をしたり、データをコンテナの外部に保存したりといった、現場で必要となるスキルを学んでいきます。

また、サーバーエンジニアであれば知っておきたいDocker ComposeやKubernetesについても、初歩から説明をし、ひととおり動かすまでの流れをハンズオンを交えて解説しています。

Dockerと長く付き合っていくための基礎力を身に付け、さらに現場の状況に応じて応用的な使い方もしていきたい方に、ぴったりの1冊です。

さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築

\kindle unlimitedだと無料で読めます!/

本の概要

デファクト技術の「コンテナ」
「わかる」から「使える」へ

サーバー環境だけでなく幅広く使われている「コンテナ技術」は、もはやデファクト技術と言っても言い過ぎではないでしょう。インフラ技術者だけでなく、アプリケーション開発者にとっても重要な技術です。

本書は、自分でコンテナ環境を構築できるようになるための本です。題材に「Docker」を使いました。「技術解説書」というより「技術実践書」。IT技術を本当に理解するには理論の学習だけでは不十分で、実際にさわってみることが大事です。そうすることで初めて腹落ちし、「技術がわかる」状態から、「技術が使いこなせる」状態にレベルアップすることができます。

本書では、Dockerのインストール方法に始まり、基本的なWebサーバーを起動させるところから、永続化、ネットワーク、コンテナイメージへと順番に学ぶことができます。さらに、複数のコンテナを使うことを想定し、「Docker Compose」や「Kubernetes」についても学習できます。Kubernetesは学習ツールとして「Minikube」を用い、最終的に「Amazon EKS」でコンテナを実行するはじめの一歩までを説明します。

新しい技術の習得は、想像している以上に難しいものです。理解できていない状況でやみくもに技術に触れても、迷子になるばかり。本書では「迷子にさせない」工夫が満載されており、本書の通りに実施すれば、迷うことなく、コンテナ環境を構築できます。

インフラ技術者の最初の1冊として執筆していますが、アプリケーション開発者のインフラ学習書としても最適です。ぜひあなたも、本書を活用してコンテナ技術を習得してください。

プログラマのためのDocker教科書 第2版 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化

\Kindle版もあります!/

本の概要

インフラ基礎知識+インフラ環境構築の入門書の決定版!

「Linuxのコンテナ仮想化ツールであるDockerを使って、コードでインフラ環境を構築するための入門書」として好評を博した前著の改訂版です。
開発環境や実行環境などインフラ構築「自動化」の経験がない開発者を対象に、おさえておきたいシステム基盤&インフラの基礎知識に加えて、Dockerによるインフラ構築と管理の方法をやさしく解説します。理解しにくいネットワークや仮想技術などのインフラの基礎概念を図解しながら、開発/実行環境を実際に構築することで、構成管理ツールを使ったインフラ構築の流れを解説していきます。
改訂にあたって、Dockerの新機能/コマンドに対応したほか、マルチホスト環境での実行環境構築をクラウドマネージドサービスを使うように変更。よりプログラマが注力すべきところにページを割き、Webエンジニアや機械学習エンジニアの環境構築に利用できる具体例を解説しています。

イラストでわかるDockerとKubernetes

\Kindle版もあります!/

本の概要

DockerとKubernetesは、Webだけでなくさまざまなシステムで利用されています。仮想化とは違うので、エンジニアの皆さんもそのメリットをどう活かしていくのか悩ましいところです。本書は、DockerとKubernetesのしくみを大胆にイラスト化しました。視覚的に理解することができるので、その技術の本質を理解しやすくなります。各所でコマンド入力を利用して。DockerとKubernetesの動作もしっかりわかるようになります。

Dockerを学ぶことができるオススメのプログラミングスクール

本で勉強したけれど、途中で挫折してしまいそうという方はプログラミングスクールという手段もありだと思います。

本で学習していると躓いた時に聞ける人がいませんが、プログラミングスクールだと聞ける人がいます。

そのため、途中で挫折するということを防ぐことができます。

以下はDockerを学ぶことができるオススメのプログラミングスクールです。

Dockerを学ぶことができるプログラミングスクール
  1. 侍テラコヤ【期間限定】年間定額・半年定額プラン限定初月80%OFF
    現役エンジニアとのオンラインレッスン
    ・自走力を鍛えられる30種類の教材と課題
    ・つまづいたらいつでも相談できるQ&A掲示板
    ・プログラミング学習を継続できる学習ログと仲間
    ・圧倒的なコスパの良さ
    学び応援キャンペーンでお得に申し込む!
  2. ポテパンキャンプ
    ・就職支援を前提としたプログラミングスクール
    ・キャリア形成に適した転職支援サービスが充実
    ・実務豊富なキャリアカウンセラーが在籍
    無料カウンセリングに申し込む!
  3. DIVE INTO CODE
    ・仕事で本当に使えるスキルが身に付く
    ・途中で挫折しないように学習をサポート
    ・オンライン問わずメンターに質問し放題なため、途中で諦めてしまうことがありません
    オンライン個別説明会&相談会に申し込む!

れぞれ無料体験無料説明会も行っているので、自分に合うサービスかどうか試してみるといいかと思います。

まとめ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

今回、Docker入門を学ぶことができるオススメの本をご紹介しました。

この機会に是非学習してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です