2020年7月31日より「押さえておきたいWeb知識」をリニューアルしました。

シットコムって何?英語の勉強にもなる超おススメの作品も紹介します!

1.シットコムとは?

 

situation comedy(シチュエーション コメディ)の略称です。

 

毎回同じキャストで、異なるシチュエーション(1話完結型)で繰り広げられるテレビシリーズのジャンルをさします。

日本にも似たようなジャンルのドラマシリーズがありますが、

「シットコム」と言うとアメリカ制作のシットコムをさす場合が多いです

日本でも教育テレビで放送されていたFull Houseなどが有名な例です。

 

日本語では「シットコム」、

英語表記ですと”Sitcom”または”Sitcoms”となります。

1話30分以内という、普通のドラマよりも短いのが特徴です。

またアメリカで視聴率が高かった超人気の作品だと、シーズン10以上続くものもあり、撮影期間が10年以上ということがザラにあります。

アメリカでは、このシットコムが人気かつ一般的で、放送終了から何十年と経っているのにも関わらず、未だに多くの人に視聴されている人気シリーズもあります

 

2.おすすめのシットコム3選

シットコムは数多くの作品がありますが、筆者はだいたい1話~3話ほどみて、この先もこのシリーズを見ていくのかを決めます。

過去に、途中で見ていて自分には合わないと感じ、見るのを中断するものは何個かありました。

そこで今回は、筆者が全シーズン見たもの・今ハマっているSitcomを3つ紹介します。

なお、英語観点とおもしろさ観点の両方で評価していますのでおすすめ度は順不同になります。

Full House

公開年:1987年~1995年

シーズン数:8

総エピソード数:192 (1シーズン22~26話)

出典:Warner Bros. Television

あらすじ

舞台はアメリカのサンフランシスコ、タナー家。

タナー家には、妻・夫(ダニー)の間には、3姉妹の子供たち(DJ・ステファニー・ミシェル)がいます。妻は不慮の事故で亡くなってしまった設定で物語は始まります。

そこでダニーは、これから男で一つで育てるのは大変だということで、妻の弟であるジェシーと親友であるジョーイと男3人で力を合わせて子育てに奮闘するストリーになっています。

シーズン1のエピソード1では、3姉妹の末っ子ミシェルはまだ0歳で出演しています。

おもしろさ

シーズンが進むにつれて、子供たちも成長していきとても見ていて微笑ましいです。

特にミシェルに関しては、まだ言葉も発しない年齢から出演しているので、少しずつ英語を話し始めてきたことろや、言葉数も多くなってきたことろなどをシーズンを通して見届けることができます。

子供たちの母親は既に亡くなっているという設定なので、時折母親のことを想う子供たちのエピソードでは筆者も泣かされることもありました。

基本的にコメディのエピソードが多いですが、合間に子供たちの子供ならではの悩みや、父親の片親としての悩みを忠実に再現しているエピソードも多く、とても考えさせられるエピソードも多いです。

このエピソードを見ると元気が出る!これを見たら自分の考え方が変わった。といった、あなたのお気に入りのエピソードがきっと見つかるはずです。

英語の難易度

エピソードによっては、語彙力がないと理解することが難しいエピソードがありますが、他のシットコムに比べたら比較的易しいエピソードが多いと感じます。

3姉妹の末っ子ミシェルがまだ3歳くらいまで(シーズン3まで)なら、エピソードによっては英語が易しいものもあります。

ですが面白いことに、子供たちが成長するに連れて子供たちが使う語彙のレベルもあがり、エピソード全体の英語がだんだん難しくなっていく印象です。

実際に英語学習者の人たちと同じようにミシェルも成長と共に言葉を覚えていきます。

時々、「それはどういう意味?」と周りの大人に聞くシーンがあり、ミシェルの話すセリフがそのまま英語学習者にも使えるものがあります。

子供たちが話す英語もリンキング・リダクションが頻繁に起こり、早口でもあるので、子供の話す英語だからと言って簡単に聞き取れるかと言ったら違います

ですので、全くの初心者でも聞き取りずらいと感じるのがほとんどでしょう。

全体的にキャストの声が低すぎないのは良いのですが、ジェシーおじさんの英語はもごもご小声で話すこともあるため、そういった時は全く聞き取れないことがありました。

 

FRIENDS

公開年:1994年~2004年

シーズン数:10

総エピソード数:236 (1シーズン18~25話)

出典:Warner Bros. Television

あらすじ

舞台はアメリカのマンハッタン。

メインキャラクターは、20代半ばの男子3人女子3人の仲良し6人組。

ジェニファー・アニストン演じるレイチェルが自身の結婚式から抜け出し、親友であるモニカと共同生活を始めます。

撮影場所は、主に6人が集まるカフェ、共同生活しているアパートが中心になります。

友情・仕事・恋愛などメインキャラクターたちに起こる出来事を描く王道Sitcomです。

おもしろさ

Sitcomといえば、FRIENDS」と言われるように放送開始から25年以上も経った今も、サブスクのサービスで記録的な再生回数を更新しています。

海外では、言わずもがな人気のアメリカンコメディです。

筆者的には、声を出して笑うというよりは控えめに楽しむ程度でしたが、気づけばあっという間に1シーズン見終わっていました。

アメリカンジョークが多いので、日本人の好みに合うかは微妙ですが、ドハマりする日本人もいます。

また、登場人物らがアメリカ伝統のゲームなどをしているエピソードもあり、アメリカ文化を知ることもできます。

世界中でファンも多いので、日本の皆さんにも是非見てもらいたいSitcomの1つです。

英語の難易度

アメリカでは知らない人がいないくらいあまりに有名ですので、外国人の方とのトークでFRIENDSの話題を振られることもあります。

まさに日常会話の塊!と言われているのは有名な話で、日本以外でも第二言語で英語を勉強する最適なツールとしてこちらのドラマが紹介されることが多いです。

実際にアメリカでも英語を学習するのに最適なドラマシリーズであるということが記事になり話題となりました。

使われる英語は日常会話必須のものばかりですが、日本で言う大学レベルの英単語も出てくることがあります。

中級以上・上級の方でも、わからない単語はメモをして覚えると良い勉強になるでしょう。

日常会話に使えるワンフレーズが沢山出てきますので、日本語から英語に直訳した不自然な英語ではなく、リアルにネイティブが使うワンフレーズも勉強できます

筆者はFRIENDを使って、ワンフレーズ集めをしていました。

\ FRIENDSを見るならU-NEXT /

 

Modern Family (モダン ファミリー)

公開年:2009年~2020年

シーズン数:11

総エピソード数:250 (1シーズン18~24話)

出典:abc

あらすじ

メインキャラクターは、「ごく普通家族、年の差夫婦、ゲイカップル」この3組で全員親戚の関係です。

タイトルにもある通り、まさに”Modern = 現代的な”家族の日常を描いたストリーになっています。

家族構成を見ただけでも、え?何、面白そう!となるはずです。

「ごく普通の家族」 ダンフィー家

父:フィル

母:クレア(実弟はミッチェル)

長女:ヘイリー

次女:アレックス

長男・末っ子:ルーク(マニーと同い年で同じ学校に通っている)

親も破天荒なら子も破天荒!

肩書が「ごく普通の家族」と表現してしまいましたが、キャラクターの個性が強すぎて本当に面白い家族です。

「年の差夫婦」 プリチェット家

父:ジェイ(クレアとミッチェルの実父、マニーは義子)

母:グロリア(コロンビア出身)

子:マニー(ジェイは義父)

ジェイは娘と同じ年の女性グロリアと再婚しており、グロリアも再婚です。年の差が親子ほどあるので、夫婦ではなく親子と間違われるほど。

マニーはグロリアの連れ子でジェイとは血は繋がっていませんが、一緒にジェイの豪邸に住んでいます。

ジェイは会社を経営していて、かなりのリッチファミリーです。

「ゲイカップル」 タッカー=プリチェット家

ミッチェル・プリチェット (ジェイは実父、クレアは実姉)

キャメロン・タッカー

子:リリー(養子として迎えられた)

性格が正反対のカップル。二人に溺愛されているリリー。

筆者的には、タッカー=プリチェット家が大好きで、この家族だけでも何回涙を流して笑わせてくれたかわかりません!

おもしろさ

筆者的にはNo.1の面白さです。

脚本が素晴らしく、英語の勉強抜きにしてもずっと見ていられるくらい本当に面白いです

登場人物全員のキャラクターが濃いので、どのエピソードもそれぞれにスポットライトが当たるもの面白くさせている一員でもあると思います。

好きなエピソードは何度見返しても笑えますので、もしお気に入りのエピソードを見つけたら、何度も繰り返し見て英語の勉強にも役立てることができるでしょう。

あまりの面白さに、これを見始めてから1週間程でシーズン1を見終わってしまいました。

本場のアメリカではシーズン11で完結していますが、日本では最新シーズンが未公開です(2020年9月現在)。

英語の難易度

Sitcomの中では、難易度が高いです。

キャラクターの話すスピードは速く1セリフも長いことが多いです。

筆者は語彙とリスニングにとても苦労しました。

語彙もセンター試験、大学以上の単語が使われることもあり、語彙を伸ばすにも使えます。

中学以上の文法も出てきますので日常会話での文法の使われ方も非常に勉強になります。

他のSitcomと違い、編集で笑い声がついていないので英語に集中できるのは良い点です◎。

\ Modern Familyを見るならU-NEXT /

 

3.シットコムを英語の勉強で使いたい方へ

紹介したように、ネイティブの日常会話を勉強するにはSitcomの中から選ぶと簡単に勉強素材が見つかります。

特に、アメリカンジョークスラングも沢山含まれるので、そういった面でも有効活用できます。

サスペンスや法廷ドラマのように、何かの大がかりな事件に巻き込まれたり、裁判の証人になるという非日常的なことは滅多に起こりません。

お気に入りのSitcomを探そう

先ほども言った通り、Sitcomは日常がテーマですので、非日常的なことは滅多に起こりません。

英語の難易度を気にするよりも、「この作品の沼にハマりそうかも」と思えるお気に入りのシリーズを見つけることが大事です。

勉強にも使えるし、趣味にもなるSitcomを探してみましょう♪

今回筆者が紹介するSitcomを参考にしてもいいですし、サブスクを活用して気になるものを見あさってみましょう!

編集で追加される笑い声

これはSitcomあるあるですが、編集で笑い声が追加されているものが多く、リスニングのトレーニングのために集中して聞いているのに笑い声が邪魔して英語が聞こえない!ということが多々あります。

その箇所は諦めてスルーしましょう。

初心者の方へ

Sitcomは初心者の方に勧められることが多いと思いますが、筆者なりの観点ですと、「英語に慣れていないとSitcomの英語は普通に難しい」ということが結論です。

筆者の体験談ですが英語を勉強し始めた初日にFull Houseの第1話を見たのですが、全く聞き取ることができませんでした。

Sitcomで使われる英語は「日常会話で簡単」と言われることが多いのですが、学校で習う語彙だけでは全く足りませんし、その上リンキングやリダクションについての知識と慣れも必要です。

初心者の場合、最初は単語の意味、文法、リンキング、リダクションを理解することよりも、作品を楽しみながらネイティブの英語に触れるという観点ではSitcomを活用するのはアリです。

ネイティブの会話を一語一句聞き取とうとすることは、初心者以外の人でもかなりハードルが高いですので安心してください。

4.あとがき

Sitcomへの興味が少しでも湧いてきましたか?

時代も変わり、サブスクを利用して何作品でも見放題という良い時代になったので、ぜひいろんなSitcomの沼にハマってみてください♪

もし、みなさんのおススメのSitcomがありましたらコメントください!

お待ちしております(*^-^*)

\ 映画やドラマをテレビの大画面で見よう /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です