【2023年】Flutter入門を学ぶことができるオススメの参考書/本

Flutterを学ぶことができるオススメの本を知りたい人

Flutterを学ぶことができるおすすめの本を知りたい。

自分のレベルに合う本を知りたい。

上記のようなお悩みを持っている方はいないでしょうか?

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • Flutter入門を学ぶことができるオススメの本
  • Flutterを学ぶことができるプログラミングスクール

書店やECサイトをみるとFlutterを扱っている本はたくさんあり、レベルも様々です。

自分のレベルに合わない本を選ぶと途中で挫折してしまったり、学べることがあまりなかったということが起きます。

そんな方向けにFlutterを学ぶことができるオススメの入門書をご紹介していきたいと思います。

気になる方は是非、最後まで読んで頂ければと思います。

Flutter入門を学ぶことができるオススメの本

Flutterを学習する際に書籍を選ぶポイントとして「サンプルコードでしっかりと解説されている」、「図解や画像などが豊富にのっている」、「初心者でも優しくわかりやすい言葉で書いてある」ということが重要です。

上記のことを念頭に置いて参考書を選ぶといいでしょう!

それではFlutter入門を学ぶことができるオススメの本をご紹介していきます。

Android/iOSクロス開発フレームワーク Flutter入門

\期間限定キャンペーン実施中/
Kindle版もあります!

本の概要

Flutterは、互換性のないiPhoneとAndroidのスマホアプリをたった一度のコーディングで出力できる最新のクロス開発フレームワークです。ほかのフレームワークと比べると開発効率が高く、Dart言語によるコードが高速などの特徴があります。本書は、Googleの開発したクロス開発フレームワーク「Flutter」のインストールから、アプリ開発に必要な機能をひと通り解説した入門書です。あなたも最新の開発環境を体験しましょう!

基礎から学ぶ Flutter

\Kindle版もあります!/

本の概要

本書は、Googleが開発したUIツールキット「Flutter」について、基本からの応用まで丁寧に解説した1冊です。

CHAPTER 01では導入方法と画面遷移の基本的な実装を学びます。
CHAPTER 02ではDart言語の特徴を掴むことで自在に言語を操れるようになるはずです。
CHAPTER 03とCHAPTER 04を学べば、作成したい画面を作れるようになるでしょう。
機能が足りなければ、CHAPTER 05で、ライブラりを探したり、自作することもできます。
Flutterをもう少し詳しく知りたければ、CHAPTER 06を読むとよいでしょう。CHAPTER 06は、説明が難しくわかりにくいかもしれませんが、Flutter初級を抜け出すには必要な知識です。
そして、業務で実践的に使いたい場合は、CHAPTER07からCHAPTER 09が役立つはずです。

現場で使える Flutter開発入門

\期間限定キャンペーン実施中/
Kindle版もあります!

本の概要

本書は、これからモバイルアプリ開発を始める方のために、Flutterによる開発体験を手を動かしながら学ぶことができる書籍です。リファクタリングやCI/CDなど、チーム開発には欠かせない知識も詰め込み、すぐに現場で使える1冊となるようにしました。
本書を通じてFlutter開発手法を学び、快適なモバイルアプリケーション開発を体験してください。

Flutter モバイルアプリ開発バイブル

\Kindle版もあります!/

本の概要

Googleが開発しているモバイルアプリケーションSDK、Flutterの実践解説書です。
iOS・Androidなどクロスプラットフォームで動作するモバイルアプリの開発者を対象にして、全体感を踏まえた基礎的な部分から実践的な概念や実装に至るまで、丁寧に説明していきます。

「Chapter1Flutterとは」ではFlutterの概要を解説します。
「Chapter2開発環境の構築」では、Flutter本体のインストールに加えてiOSシミュレーターやAndroidエミュレータでの開発環境の構築を紹介します。Flutter自体はクロスプラットフォームですが、ビルドシステムや端末上での動作などは既存システムを使用するため、各プラットフォームの開発環境も整える必要があります。
「Chapter3ウィジェット」では、Flutterの重要な構成要素であるウィジェットを解説します。全体的なレイアウトやデザイン、画像、テキスト、アニメーションなどのUI だけでなく、アプリ自体がウィジェットを用いて構築されています。この章ではウィジェットの扱いを中心に、UIの構築に必要な基本的な機能を解説します。
「Chapter4状態管理」では、アプリケーション開発に欠かせない要素の1つである状態管理に関して、その必要性やメリットを解説します。また、Flutterによるアプリ開発で実際に使われている状態管理の手法を紹介します。
「Chapter5ライブラリの実装」では、開発効率を向上させるために有用な、Dartでのライブラリの作成方法を解説します。また、各プラットフォーム固有の機能を実現するネイティブコード実装によるライブラリ作成も説明します。
「Chapter6サンプルアプリの実装」では、小規模なサンプルアプリケーション開発における実装をサンプルコードとともに説明していきます。要件定義からドメインレイヤ、バックエンド、プレゼンテーションレイヤまで、順を追って解説します。スマートフォン向けアプリケーション開発で必要となる要素を学びましょう。
「Chapter7開発の継続」では、フローの自動化に必要となるテストやデバッグツールの活用、デプロイメントやデリバリーを解説します。高品質なアプリケーションの継続的なデリバリーはもとより、より短いサイクルでの開発が求められる昨今では、手動運用による業務フローだけでは効率的な開発は困難です。業務フローの自動化によって、継続的に発生する運用コストの削減と持続性が高い開発フローを整えることが学んでください。
巻末のAPPENDIXでは、Dart 言語の仕様、Flutter Webなどを解説しています。

モバイルアプリ開発に課題を感じている開発者の方が、課題解決方法の1つとしてFlutterを活用できる手助けができれば幸いです。

Flutterを学ぶことができるプログラミングスクール

本で勉強したけれど、途中で挫折してしまいそうという方はプログラミングスクールという手段もありだと思います。

本で学習していると躓いた時に聞ける人がいませんが、プログラミングスクールだと聞ける人がいます。

そのため、途中で挫折するということを防ぐことができます。

以下はFlutterを学ぶことができるオススメのプログラミングスクールです。

Flutterを学ぶことができるプログラミングスクール
  1. 侍エンジニア塾【期間限定】最大88,000円相当無料最大2レッスン分無料キャンペーン実施中
    ・マンツーマン指導で効率よく学べる
    ・生徒一人一人に合わせた完全オーダーメイドカリキュラム
    ・侍エンジニア塾のオリジナルWebサービス
    無料カウンセリングに申し込む!
  2. CODEGYM Monthly
    ・お客様の目標から逆算してオーダーメイド型のカリキュラムを作成し、そのカリキュラムに沿って定期的なコーチングを行うことで、着実にスキルを身につけられるプログラミング学習支援サービス
    相談会参加で入会金20,000円が無料!

    無料相談会実施中!
    無料相談会に申し込む!

れぞれ無料体験無料説明会も行っているので、自分に合うサービスかどうか試してみるといいかと思います。

まとめ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

今回、Flutter入門を学ぶことができるオススメの本をご紹介しました。

この機会に是非学習してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です