【爆速】heteml(ヘテムル)のWebDAV設定方法を解説!

WebDAVを設定したい人

heteml(ヘテムル)」のWebDAV設定方法を知りたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • WebDAVとは!?
  • heteml(ヘテムル)とは!?
  • heteml(ヘテムル)のWebDAV設定方法

利用中のWebサーバーを活用して、ファイル共有と編集ができる技術や機能をWebDAV(ウェブダブ)といいます。

現在、多くのレンタルサーバーのプランで利用可能です。

WebDAVについてご存知ない方もいると思われ、地味な印象がありますが、実はマイクロソフトが1999年に発表した歴史のある技術です。

おかげでセキュリティを保ちつつ、簡単で便利な機能が使えるようになりました。

そんなWebDAVですが、利用を検討している方もいるのではないでしょうか!?

そこでこの記事では「heteml(ヘテムル)」のWebDAV設定方法を解説していきます。

気になる方は是非最後まで読んで頂けたらと思います。

\簡単登録で申し込み可能!/

WebDAVとは!?

WebDAVはサーバー内の指定ディレクトリを複数の利用者で共有できるサービスです。

WebDAVを設定すると、サーバー上のファイルをFTPソフトなどを使うことなく、マシンから直接アクセスできるようになります。

あたかも自分のパソコンのフォルダにアクセスするような感覚でファイルを操作できるため、レンタルサーバーをクラウドストレージとして利用する方には最適です。

Googleドライブなどのオンラインストレージ・サービスと似ていて、クラウド上で複数のユーザーがファイル共有と編集作業を比較的安全に行うことができます。

heteml(ヘテムル)とは!?

\簡単登録で申し込み可能!/

heteml(ヘテムル)の特徴
  • ハイパフォーマンスを支える高性能サーバー
  • オールSSD 500GB
  • 独自開発の高速モジュール版PHP
  • 月額1,100円~低コストではじめられます
  • マルチドメイン・DBが無制限
  • 無料独自SSLを標準提供
  • 充実のバックアップ機能
  • 稼働率99.99%
  • 無料電話サポートで安心

heteml(ヘテムル)」は、大容量・高機能のレンタルサーバー。 国内最大級の個人向けホスティングサービス『ロリポップ!レンタルサーバー』を運営するGMOペパボ株式会社の提供するサービスです。

ディスク容量は 500GB〜の大容量。Flash、音楽、ムービーファイル等をふんだんに使って、自由に WEBサイトを表現することが可能です。

また、容量だけではなく、機能面もたいへん充実しています。

Perl、Ruby、Python、PHP、MySQL5 など豊富な開発言語に対応しているほか、マルチドメイン、マルチデータベース、共有SSLなど、サイト運営に大変便利な機能や、FlashMediaServer、ColdFusionなど他にはないユニークな機能を搭載。

ブログ構築ツールとしてはおなじみのWordPressにももちろん対応しています。

heteml(ヘテムル)」なら、WEBサイトをハイレベルに表現し、ストレスなく運用することができます。

\簡単登録で申し込み可能!/

heteml(ヘテムル)のWebDAV設定方法

heteml(ヘテムル)」のWebDAV設定方法をみていきましょう。

注意事項
  • WebDAV設定を有効にした場合、反映されるまでしばらく時間がかかることがございます。
  • Windows7ではダウンロードにセキュリティ制限があり、約50MB以上のファイルをダウンロードすることができません。
  • 一部Windowsでは「.DAV」フォルダとフォルダ以下にデータファイルが自動生成されます。(WebDAVからは確認できませんが、FTP、SSHで表示が確認できるWebDAVの情報ファイルとなります)

コントロールパネルでの設定方法

STEP.1
ヘテムルのコントロールパネルでの設定をはじめに行います。

ヘテムルのコントロールパネルにログイン後、「FTPアカウント」の画面を開きます。

STEP.2
WebDAVを設定したいアカウントのWebDAVを有効にします。

WebDAVタブに切り替えて、「有効」のラジオボタンをクリックします。

STEP.3
WebDAVアドレスをコピーします。

アドレスの入力されているフォームをクリックすると全選択されますので、選択してコピーしてください。

STEP.4
WebDAV設定が有効になりました。

画面をそのままにして、パソコンでの設定に移ります。

これより先の手順は、お使いのOSにより異なります。該当のOSを選択し、手順に従って設定を行ってください。

Macでの設定

アクティブなアプリケーションをFinderに切り替えます。

デスクトップをクリックすると、Finder に切り替わります。

Finder のメニューから「移動」→「サーバへ接続…」を選択します。

サーバアドレスを入力します。

先ほどコントロールパネルにてコピーしたWebDAVアドレスを入力欄にペースト、[ 接続 ]をクリックします。

ユーザーの認証をします。

先ほど開いた状態のままにしておいたコントロールパネルより、名前とパスワードを入力して[ 接続 ]をクリックします。このパスワードをキーチェーンに保存にチェックを入れますと、次回の入力の手間がなく便利です。

以上で設定は完了しました。

WebDAVフォルダのウィンドウが表示されます。このウィンドウ内にドラッグ&ドロップでファイルのアップロードを行ってください。

次回ご利用になる際は、Finder内の「共有」項目に接続先が作成されていますので、そちらをクリックしてWebDAVフォルダに接続してください。

Windows7での設定

コンピューターを開きます。

スタートメニューからコンピューターをクリックします。

ネットワークの場所を追加します。

フォルダの中の余白部分を右クリックし、「ネットワークの場所を追加する」クリックします。

ネットワークの場所の追加ウィザードの指示に従って入力します。

[ 次へ ]をクリックします。

「カスタムのネットワークの場所を選択」が選択されたまま[ 次へ ]をクリックします。

ネットワークアドレスを追加します。

先ほどコントロールパネルにてコピーしたWebDAVアドレスを入力欄にペーストします。

ユーザーの認証をします。

先ほどそのままにしておいたWebDAVアドレスが記載されていた画面より、ユーザー名とパスワードを入力して[ OK ]をクリックします。資格情報を記憶にチェックを入れますと、次回の入力の手間がなく便利です。

WebDAV接続の名前を入力します。

入力できましたら[ 次へ ]をクリックしてください。名前は任意ですので、お客様のお好みでかまいません。

以上で設定は完了しました。

[ 完了 ]をクリックするとWebDAVフォルダが表示されます。

このウィンドウ内にドラッグ&ドロップでファイルのアップロードを行ってください。

次回のご利用について

次回ご利用になる際は、「コンピュータ」にフォルダが作成されていますので、そちらをクリックしてWebDAVフォルダに接続してください。

また、アイコンの上で右クリック>送る>デスクトップ(ショートカットを作成)と選択し、ショートカットを作成していただきますと、次回のご利用の際に便利です。

\簡単登録で申し込み可能!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です