「押さえておきたいWeb知識」で検索お願いします!

[体験談あり] 株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を実際にやってみての感想をお話します!

注意!

投資は、さまざまなリスクを正しく認識したうえで、自分自身の判断と責任に基づいて行なって下さい。

投資をする際はしっかりと調べてから利用するようにしましょう。

FUNDINNO(ファンディーノ)の利用を考えている人

FUNDINNO(ファンディーノ)に興味があり、FUNDINNO(ファンディーノ)を実際に使ってみたいんだけど、どんな感じなのだろうか?

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

そこで、以下のようなことをお話していきます。

この記事でお話すること
  • FUNDINNO(ファンディーノ)とは?
  • FUNDINNO(ファンディーノ)を使ってみての感想・体験談
結論

 

 

お忙しい方もいると思いますので、先に結論をお話すると、、

 

株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO」は上場企業への投資だけでなく、ベンチャー企業にも投資したいという方にオススメのサービスとなっています。

 

リスクはありますが、上場企業への投資とは異なり、距離感も近いので会社の成長を近くでみることができるというメリットがあります。

 

ちょっと違った投資をしたい方やエンジェル投資に興味がある方はまずはFUNDINNOに登録してみてはいかがでしょうか?

最近、株式投資型のクラウドファンディングが人気になっています。

株式投資型のクラウドファンディングが誕生するまで一般投資家がベンチャー企業に投資することが難しかったです。

しかし、このようなプラットフォームが誕生したことで誰でも簡単にベンチャー企業に投資することができるようになりました。

一方、ベンチャー企業は資金調達を前よりも容易に行うことができるようになったのでベンチャー企業にとっても好ましい環境となっています。

この記事では、株式投資型のクラウドファンディングのプラットフォームを提供している「株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO」をお話していきます。

気になる方は是非最後まで読んで頂ければと思います。

この記事の対象者
  • FUNDINNO(ファンディーノ)を知りたい方
  • FUNDINNO(ファンディーノ)の感想・体験談を知りたい方

1.FUNDINNO(ファンディーノ)とは?

 

 

FUNDINOの特徴
  • インターネットで10万円から投資できる
  • 大きなリターンを期待できる
  • 投資先企業の成長を楽しめる
  • 税制優遇が受けられる

FUNDINNO」は今後成長が期待できるベンチャー企業に投資ができる株式投資型のクラウドファンディングとなっています。

2020年11月25日、FUNDINNO(ファンディーノ)を運営する日本クラウドキャピタルは大手鉄道会社の東急にVC の第1号案件として出資され、業務提携を行いました。

東急と協力しながら事業展開していくと思われるので、今後のサービス拡張にも期待ができます。

投資家はベンチャー企業へ投資をすることで成長する過程を間近でみることができます。

また、ベンチャー企業は破綻のリスクもありますが、IPOやM&Aなどイグジットした時に大きなリターンを期待できます。

FUNDINOは上場企業への投資だけでは物足りないという方にオススメのプラットフォームとなっています。

今までのFUNDINOで取り扱った代表的な投資案件は以下の通りです。

KOTOBUKI Medical 株式会社

⇒投資家数:591人 調達金額:89,300,000円

株式会社コーンテック

⇒投資家数:115人 調達金額:17,500,000円

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

⇒投資家数:151人 調達金額:22,500,000円

株式会社グッドラックスリー

⇒投資家数:578人 調達金額:89,100,000円

株式会社いいオフィス

⇒投資家数:154人 調達金額:24,750,000円

ドーナッツロボティクス株式会社

⇒投資家数:397人 調達金額:53,130,000円

他にも以下のように様々な業界の案件を取り扱っています。

  • テクノロジー
  • IT
  • マーケティング
  • AI
  • Fintech
  • ヘルステック
  • 芸術
  • IoT
  • 医療
  • シャアリングエコノミー
  • ファッション
  • 企画販売
  • 教育
  • 水産
  • 育児
  • 音楽
  • 農業
  • 海洋ビジネス
  • スポーツ
  • 介護
  • ロボット
  • プラットフォーム
  • サブスクリプション
  • コスプレ
  • ブロックチェーン
  • 宇宙

投資後は投資家と株主と交流ができたり、IR情報を定期的に受け取ったり、企業によっては株主優待を受け取ることができます。

そのため、IPOやM&Aのエグジットまで様々な体験をすることも可能です。

直近、様々な案件が公開予定なので気になる方は「FUNDINNO」に登録して案件をチェックしてみてはいかがでしょうか?

2.FUNDINNO(ファンディーノ)を使ってみての感想・体験談

次にFUNDINNO(ファンディーノ)を使ってみての感想・体験談をみていきましょう。

FUNDINNO(ファンディーノ)を使ってみての感想・体験談
  • 会社の成長を間近で見ることができる
  • 投資対象を分散させることができる

会社の成長を間近で見ることができる

ベンチャー企業への投資は上場企業への投資とは異なり、距離感が近いです。

そのため、会社の成長を間近で見ることができます。

また、株主総会などで経営陣と交流することができます。

これはベンチャー企業に投資する醍醐味かと思います。

会社の成長を肌で感じたいという方は「FUNDINNO」を是非利用してみてはいかがでしょうか?

投資対象を分散させることができる

投資対象を上場企業以外にも分散させたいという方もいると思います。

上場企業への投資でも十分なリターンを期待できますが、ベンチャー企業に投資することでより大きいリターンを得られるかもしれません。

実際に株式会社漢方生薬研究所の株式が1.5倍の価格でイグジット達成しました。

資金を分散させたい方は投資資金の何パーセントかをベンチャー企業に振り分けてもいいかもしれません。

投資対象を分散させたい方は「FUNDINNO」を是非利用してみてはいかがでしょうか?

3.まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO」に興味がある方はこの機会に申し込んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です