[爆速] KAGOYA CLOUD VPSにKUSANAGI/WordPressをインストールする方法を解説!

KUSANAGIを導入したい人

KAGOYA CLOUD VPSにKUSANAGI/WordPressをインストールしたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • KUSANAGIとは!?
  • KAGOYA CLOUD VPSとは!?
  • KAGOYA CLOUD VPSにKUSANAGI/WordPressをインストールする方法

WordPressで記事をたくさん書くとアクセス数も必然的に上がります。

訪れてきてくれるユーザーさんに快適な環境を提供できたらいいなと思いませんか?

WordPressにKUSANAGIを導入するとWordPressの表示を高速化できます!

KUSANAGIはWordPressで構築されたWebサイトの表示速度を高速化することで多くの方に採用され、注目を集めているシステムです。

KUSANAGIは高速化・最適化されたWordPressサーバー構成をパッケージとして提供しているプライム・ストラテジーという企業のサービスです。

KUSANAGIはWordPressのように、インストールするだけで誰でも簡単に使えます。

インストールできるサーバーが限られていますが、ここでは「KAGOYA CLOUD VPS」を利用してWordPressにKUSANAGIを導入していきます。

気になる方は是非最後まで読んで頂けたらと思います。

\簡単に導入できるKUSANAGIテンプレート提供中!/

1.KUSANAGIとは?

超高速CMS実行環境「KUSANAGI」は、プライム・ストラテジーが開発・提供する世界最速クラスの仮想マシンイメージです。

KUSANAGIの特徴は「高いパフォーマンス」と「高度に強化されたセキュリティ」です。

高いパフォーマンス(高速+安定)

ページキャッシュ利用時には1秒あたりの同時リクエスト数6万超を実現します。

管理画面などページキャッシュ非使用時でもWordPressの実行時間3ミリ秒台、1秒あたりの同時リクエスト数1,000超を実現します。

標準のLAMP環境と比べ、ページキャッシュ使用時には数千倍の高速化を実現します。

ページキャッシュ非使用時でも10倍~15倍の高速化を実現します。

高度に強化されたセキュリティ

企業や大学などエンタープライズWebシステムにおいて利用されることを想定し、ビジネスに必須とされるセキュリティ機能がほぼすべて標準で実装されています。

世界26カ国198リージョン、国内外の主要な28プラットフォームで利用可能です。

累計稼働台数は4万台を超えています(2020年4月現在)。

\簡単に導入できるKUSANAGIテンプレート提供中!/

2.KAGOYA CLOUD VPSとは!?

特徴
  • スペック変更(スケールアップ)が簡単
  • 複数のサーバーでローカルネットワークが構成できる
  • ストレージは全てSSD搭載なので高速処理で快適
  • 操作性抜群のコントロールパネル
  • 充実したサポート体制

KAGOYA CLOUD VPS」はカゴヤ・ジャパン株式会社が運営しています。

カゴヤ・ジャパン株式会社は20年に渡るレンタルサーバー・ホスティングでの事業実績を誇ります。

このVPSサービスは10年を超える運用実績から、信頼性と安定性に定評があり、多くの企業にサービス基盤、システム基盤として採用されています。

KAGOYA CLOUD VPS」ではCentOS、Ubuntu、WindowsなどのOSに加え、KUSANAGIなど必要なパッケージがインストール済みのテンプレートも用意されています。

テンプレートを使うことで、面倒で複雑な環境構築作業を大幅に削減することが可能です。

利用目的に合わせた環境を簡単に素早く構築できるため、学習や開発・テストなど、やりたいことをすぐに始められます。

また、日額料金で使い始めることができるので、少しだけ環境を触ってみたいという使い方にもおすすめです。

是非、「KAGOYA CLOUD VPS」の利用を検討してみてはいかがでしょうか!?

\簡単に導入できるKUSANAGIテンプレート提供中!/

3.KAGOYA CLOUD VPSにKUSANAGI/WordPressをインストールする方法

今回は、WordPressなどのホームページ公開環境を素早く構築できるKUSANAGI テンプレートの利用手順をご紹介します。

まずは「KAGOYA CLOUD VPS」で申し込みを済ませましょう!

\簡単に導入できるKUSANAGIテンプレート提供中!/

テンプレートを選択してVPSを起動

STEP.1
コントロールパネルへログイン

ユーザー名、パスワード入力後に作成済みのインスタンス一覧の画面が表示されます。

初めてログインした場合には空白になっています。

赤枠内の「インスタンス作成」を押下します。

STEP.2
テンプレートからインスタンスを作成

今回は画像の赤枠部分の項目を選択しました。

必要な機能やセキュリティの条件に合わせて選択してください。

以上の各項目を選択後、料金を確認し問題なければ「インスタンス作成」をクリックしてください。

数分程度でインスタンスが作成されます。

インスタンスの作成が完了すると、一覧画面に作成されたインスタンスが表示されます。

一覧から作成したインスタンスをクリックすると、インスタンスの詳細画面が表示されます。

以降の手順では Tera Term などのツールを使い、作成したログイン認証キーによる ssh ログイン をして進めていきます。

KUSANAGI の初期設定

STEP.1
はじめに Tera Term を使った ssh ログインを試します

ssh ログインに使用するツールは何でも構いませんが、ここではカゴヤVPSのサポートサイトにもマニュアルの掲載がある Tera Term を使用しています。

起動後の画面で、作成したサーバーのIPアドレスをまず入力します。

次の画面で

を選択し、「秘密鍵」をクリックします。秘密鍵を選択するためエクスプローラーが開くので先ほどダウンロードしておいた秘密鍵のファイルを選択して、最後にOKをクリックしてログインします。

コンソールからログインしたときと同じメッセージが表示されればOKです。

STEP.2
KUSANAGI のアップデート

# yum update kusanagi -y

# yum –enablerepo=remi,remi-php56 update -y

KUSANAGI テンプレートは CentOS をベースに稼働しているのでパッケージ管理などのコマンドは yum を使用します。

CentOS のバージョンによってコマンドが変わる場合がありますので、利用している CentOS のバージョンの確認が必要になりますが、カゴヤのテンプレートでは CentOS 7 がベースとなっています。

# reboot

reboot コマンドで一旦再起動を行います。

再起動はコントロールパネルからも実行可能です。

コマンド実行後は接続が切断されますので、数分経過しサーバーが再起動されたタイミングを見計らって再度同じ手順で ssh 接続を行ってください。

STEP.3
初期設定コマンド init の実行

KUSANAGI を利用する場合、サーバーの設定からミドルウェアの構築、ドメインやネットワークの設定などの複雑な設定をすべて対話式で行うことが可能です。

黒い画面に設定内容の選択肢が表示されるので基本的に順番に答えていくことで設定が完了してしまいます。

# kusanagi init

コマンド実行後 タイムゾーンの選択画面になるので Asia/Tokyo をカーソル移動して選択します。

使用したい言語を聞かれるので 2 の日本語を選択します。

使用したいキーボードのレイアウトを聞かれるので 2 の日本語レイアウトを選択します。

KUSANAGI ユーザーのパスワードを聞かれるので、確認用と合わせて同じパスワードを2回入力します。

KUSANAGI ユーザーの認証キー作成と同時に認証キーのパスワードを聞かれます。

同じパスワードを2回入力しますが、空白でもよい場合はEnterのみで進みます。

利用するWEBサーバーのミドルウェアを聞かれます。

ここでは 1 の Nginx を選択しました。

利用するPHPのバージョンを聞かれます。

ここでは 1 の PHP7 を選択しました。

利用するDBのミドルウェアを聞かれます。

ここでは 1 の MariaDB を選択しました。

以上の対話で初期設定は完了です。

コマンドを打ち込んだのは kusanagi init の1行だけです。

STEP.4
KUSANAGIのプロビジョニング

初期設定が完了したら、利用するシステムのプロファイルを作成していきます。

KUSANAGI では WordPress の他に concrete や drupal のプロファイルを作成することも可能ですが、ここでは一般的に使用される頻度の高い WordPress を使用できるように進めていきます。

# kusanagi provision【プロファイル名】

プロファイル名の部分は任意で名前付けが可能です。

ここではわかりやすいように wp- kusanagi とします。

この場合以下のコマンドになります。

# kusanagi provision wp-kusanagi

WordPress のインストール言語を設定します。

ここでは 2 の日本語を選択しました。

サイトのドメイン名を入力します。

ここでは例として www.kagoyaex.com と入力しています。

確認のため2回入力します。

入力したドメインに無料SSLを適用させたい場合、連絡可能なメールアドレスを入力します。

ここでは例として kagoyaex.mail と入力しています。

同様2回入力します。

最後に WordPress で使用するためのデータベース名とユーザー名、パスワードを聞かれますので、利用したい内容をそれぞれ入力して設定を完了させます。

上記までの設定が完了したら、最後に再起動しておきましょう。

# reboot

再起動後、設定したドメインにブラウザからアクセスしてみてください。

見慣れた WordPress のインストール画面が表示されていますか?

4.まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

KAGOYA CLOUD VPS」はKUSANAGIを導入できる数少ないサーバーです。

これを機会に是非「KAGOYA CLOUD VPS」でKUSANAGIを導入してみてはいかがでしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です