[レベル別学習方法アリ] Kotlinを学習できるおすすめのコンテンツ一覧!

Kotlinを学習したい人

Kotlinを学びたいけど、おすすめの学習コンテンツを知りたい。

自分のレベルに合った学習コンテンツを知りたい。

上記のようなお悩みを持っている方はいないでしょうか?

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • 初心者向けの学習コンテンツ
  • 中級者向けの学習コンテンツ
  • 上級者向けの学習コンテンツ

Kotlinを学びたいという方はいませんか!?

Kotlinは2017年、GoogleにAndroid公式開発言語として認められたため、現在、注目されている新しい言語の一つとなっています。

Kotlinの特徴として「表現力と簡潔さ」「より安全なコード」「(Javaとの)相互運用性」「構造化された同時実行」の4つが挙げられています。

今後、スマホアプリ市場は今後も継続的に拡大していくと見込まれているので今から学習するメリットは十分にあるかと思います。

そこでこの記事ではKotlinのオススメ学習コンテンツをレベル別に紹介したいと思います。

気になる方は最後まで読んで頂ければ幸いです。

この記事の対象者
  • Kotlinを学びたい方
  • Kotlinを学習できるオススメのコンテンツを知りたい方

1.初心者向けの学習コンテンツ

やさしいKotlin入門


やさしいKotlin入門の特徴
  • プログラミングが初めてという初心者にオススメ
  • 最短コースでKotlinを学ぶことができる
  • Javaやオブジェクト指向などに関する予備知識は必要なし

KotlinはJavaと互換性のある言語であるため、よくJavaと対比して解説されることが多いです。

そのため、Javaを学習したことがない方にとって説明が理解できないということがあります。

しかし、この本はJavaを学習したことがない方でも分かりやすい構成になっており、Javaの知識を全く必要とせず学習を進めることができます。

また、プログラミングを初めて学習する方にとっても易しい内容となっています。

通常はある程度、プログラミング知識があるという前提で解説されることが多いですが、基礎的な知識もじっくりと解説がされています。

Kotlinをはじめて学習する方は是非、やさしいKotlin入門で学んでみてはいかがでしょうか!?

速習 Kotlin

速習 Kotlinの特徴
  • Java言語をある程度理解している方をターゲットした本
  • Kotlinを短時間で素早く学ぶことができる
  • 図やサンプルコードと合わせて解説されている

気になる技術を短時間で素早く学ぶ、時間もお金も低コストにをコンセプトとした速習シリーズです。

速習 Kotlin」はシリーズ第8弾です。

Javaを学習したことがある方向けの電子書籍となっています。

また、Kotlinの知識を素早く習得してアプリ開発を行いたいと思っている方にオススメの一冊になっています。

通勤中の電車の中やちょっとした隙間時間でも読めるように、なるべくコンパクトに情報をまとめ、図やサンプルコードと合わせて解説しています。

今、kindle unlimitedに入会すると初回30日間無料体験を行っているので無料で読むことができます。

この機会に「速習 Kotlin」を読んでいただければと思います。

TECH ACADEMY

TechAcademyの特徴
  • 経験豊富な現役エンジニアが専属でサポートするから上達が違う
  • 圧倒的なコストパフォーマンス
  • 受講生限定の転職サポート

TechAcademyの「Androidアプリコース」でKotlinを学ぶことができます。

Kotlinの知識を習得し、自分で考えたAndroidアプリをGoogle Playで公開することが目標となっています。

このコースではジャンプゲームアプリ、タスク管理アプリ、Q&Aアプリなどのデモアプリを実際に作りながら、学ぶことができます。

また、パーソナルメンター制度をとっているので、Kotlinを学んでいる途中で挫折することなく、成長することができます。

他のプログラミングスクールと比較して、第一線で活躍している方がサポートしてくれるので、自習で挫折した方や早く成長したい方にオススメです。

現在、無料体験レッスンもおこなっているので、気になる方は一度、受講してみてはいかがでしょうか?

2.中級者向けの学習コンテンツ

作ればわかる!Androidプログラミング Kotlin対応 10の実践サンプルで学ぶAndroidアプリ開発入門

作ればわかる!Androidプログラミング Kotlin対応 10の実践サンプルで学ぶAndroidアプリ開発入門の特徴
  • 実際にアプリを作りながら、Androidアプリ開発の基礎知識や実践的なプログラミング方法を学ぶ
  • 「習うより慣れろ」「作って楽しい」というコンセプトはそのままに、Kotlin言語でAndroidアプリを作成
  • 「とにかくなにか作りたい」「アプリを作りたいけどなにからはじめればいいのかよくわからない」「アプリを作りながらプログラミングのコツをおぼえたい」という方におすすめ

この本はKotlinの文法を一通り学習した方、Javaを学習したことがある方向けになっています。

実際にアプリを作りながら、Androidアプリ開発の基礎知識や実践的なプログラミング方法を学ぶ書籍です。

実際にハイ&ローゲームや名刺代わりに使えるアプリ、加速度センサーを使った和室専用侵入者検知アプリ、MediaPlayerによる音声再生を活用した盗難防止アラームなどのAndroidアプリを開発しながら、学びます。

一から自分で考えてAndroidアプリを開発すると敷居が高いかもしれませんが、本に沿ってAndroidアプリを開発することで最後まで挫折せずにやり抜くことができます。

「とにかくなにか作りたい」「アプリを作りたいけどなにからはじめればいいのかよくわからない」「アプリを作りながらプログラミングのコツをおぼえたい」という方におすすめの一冊です。

この機会に「作ればわかる!Androidプログラミング Kotlin対応 10の実践サンプルで学ぶAndroidアプリ開発入門」を読んでいただければと思います。

はじめてのAndroidプログラミング

はじめてのAndroidプログラミングの特徴
  • はじめてAndroidアプリを作成しようとする人が、最短距離で学べる内容
  • さまざまなサンプルアプリを作りながら解説しているので、楽しみながら開発の基本が身に付く

はじめてAndroidアプリを作成しようとする人が、最短距離を進めるように最大限の配慮をしています。

プログラミング経験のない方でもこの本の手順通りに進めていくとアプリケーションを完成させることができます。

さまざまなサンプルアプリを作りながら解説しているので、楽しみながら開発の基本が身に付きます。

しかし、初心者の方は「やさしいKotlin入門」で文法を学んでからこの本に取り組むとより理解しやすいと思います。

Kotlinの基礎知識を学んだ方は「はじめてのAndroidプログラミング」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

3.上級者向けの学習コンテンツ

Androidアプリ開発のためのKotlin実践プログラミング 現場で求められる設計・実装のノウハウ

Androidアプリ開発のためのKotlin実践プログラミング 現場で求められる設計・実装のノウハウの特徴
  • 現場で必要な知識とノウハウを徹底的に解説した実践ガイド
  • Javaとは異なる設計によるアプリ制作方法、JavaとKotlinの混在するコードの書き方を習得
  • Kotlinプログラミングのコツや勘所、落とし穴も解説

Kotlinの基礎学習を終えていて、これから実践的にKotlinに取り組んでいきたいと考えている方向けの本です。

KotlinでAndroidアプリ開発をしてみたいエンジニアのために、現場で必要な知識とノウハウを徹底的に解説した実践ガイドです。

Kotlinでのアプリ制作法、JavaとKotlinの混在するコードの書き方など、痒いところに手が届く内容となっています。

ある程度のアプリケーションは自力で作れるようになったという方は力試しで「Androidアプリ開発のためのKotlin実践プログラミング 現場で求められる設計・実装のノウハウ」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

4.まとめ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

今回、初心者向けから上級者向けまで幅広く学習コンテンツを紹介しました。

この記事が皆様のお役に立てましたら、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です