「押さえておきたいWeb知識」のnoteを開設しました!

[2021年最新版] 初心者向け! NoCode(ノーコード)を学ぶことができるスクールを比較してみた!

NoCode(ノーコード)を学びたい人

NoCode(ノーコード)を学ぶことができるスクールについて知りたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • NoCode(ノーコード)とは!?
  • NoCode(ノーコード)が注目される理由
  • NoCode(ノーコード)のメリット
  • NoCode(ノーコード)のデメリット
  • NoCode(ノーコード)を学ぶことができるスクール

NoCode(ノーコード)とはWebサービスやアプリ開発に必須であったプログラミング言語によるソースコードをパーツとしてビジュアル化したものです。

欲しいパーツを置きたい箇所に配置していくことで、WebサイトやWebアプリケーションなどを開発することができます。

ソースコードの記述が必要ないため、「誰でも簡単にWebサービス開発ができる」として注目を集めています。

この記事では今話題の誰にでも簡単にWebサービス開発ができるノーコードを学ぶことができるスクールを比較してみました。

気になる方は是非ご覧になってください!

この記事の対象者
  • NoCode(ノーコード)を学びたい方

1.NoCode(ノーコード)とは!?

NoCodeとは?

ソースコードを記述することなくアプリを作成できるサービスのこと

つまり、プログラミングをしなくてもWebサイト、Webアプリを作ることができるということです。

一行もソースコードを書かなくてもいいとは便利ですね。

技術がここまで発展したのかとつくづく感じる出来事の一つでした。

現在、海外でも「NoCode」が少しずつ普及してきており、専門エンジニアも誕生してきているそうです。

「Adalo」というツールを実際に使ってみましたが、簡単なWebサイト、Webアプリであれば短期間で作ることができ、とても便利だなと感じました。

変化の速い現代にとって、開発期間を短くし、速くアプリをリリースできるというのは最大のメリットですね。

どんなNoCodeツールがあるのかもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい!

今話題の ” NoCode(ノーコード)ツール ” を比較してみました!!

2.NoCode(ノーコード)が注目される理由

ノーコードが注目される理由には以下のようなものが存在します。

ノーコードが注目される理由
  • 非エンジニアでもWebサービス開発が可能であること
  • エンジニアに依頼する費用・時間のコスト削減
  • 急を要する場面での開発やアップデートが容易
  • さまざまなサービスや業務のオンライン化

一番の注目点は非エンジニアでもWebサービス開発を行えることです。

専門知識を持たない人でも開発ができるため、エンジニアに依頼する費用や時間などのコストがかかりません。

また、ユーザーの声にすぐに対応したいといった急を要する場面でも、ノーコードであればタイムラグの無い開発やアップデートが可能です。

さらに昨今ではさまざまなサービスがオンライン化し、昨今のリモートワークの広がりもあり、業務のオンライン化が促進されています。

そのため、オンラインサービス同士の連携を求められる機会も増加傾向にあります。

オンラインサービス同士の連携では、両サービスがプログラムで構築されていることを前提としていました。

しかし、ノーコードでは、構築されたサイトがプログラムでもノンプログラムでも関係なく、連携を可能にしています。

つまり、ノーコードは専門知識がいらない、時間・費用を削減できる、サイト同士の連携が容易といった点で注目を集めているのです。

3.NoCode(ノーコード)のメリット

NoCode(ノーコード)のメリットは以下の3つです。

NoCode(ノーコード)のメリット
  • プログラミングの知識が必要ない
  • Webサービス開発の費用・時間削減
  • 開発スピードが早い

ソースコードを記述する必要がないため、プログラミング言語やITスキルのない人でも開発が可能です。

また、開発操作のほとんどがテンプレート活用やドラッグ&ドロップで行われるため、イメージを直感的に形にすることができるうえ、リリースまでの時間が短いこともメリットとして挙げられるでしょう。

専門知識が無くても開発できるとなると、外部エンジニアに依頼する必要も無くなるので、費用と時間の削減にもつながります。

4.NoCode(ノーコード)のデメリット

NoCode(ノーコード)のデメリットは以下の3つです。

NoCode(ノーコード)のデメリット
  • 定型的なことしかできない
  • プラットフォームへの依存リスクの高さ
  • 提供企業のほとんどが海外企業

決められた部品同士をくっつけてWebサービス開発を行うため、煩雑な要件を満たす開発はできません。

つまり、開発できるのは小規模レベルのものということになります。

またノーコードでの開発は、「プラットフォームへの依存度が高い」という特徴があります。

提供元が値上げをすれば従う必要があるし、サービスが終了すれば開発したものも使用できなくなるのです。

さらにプラットフォーム間のインターフェイスが統一されていないため、乗り換えが難しいという側面もデメリットとしてあげられるでしょう。

そのため、ノーコードを利用した開発は、「何を」「どうしたいか」を具体的にイメージした上で、目的に合うプラットフォームの選定が重要です。

また現状、ノーコードのプラットフォームの多くは海外企業が提供しています。

そのため、開発における不明点は英語での問い合わせとなります。

学習ツールも日本語でないことが多いため、翻訳しながら開発することとなり、その点で時間がかかる可能性を想定しておく必要があるでしょう。

5.NoCode(ノーコード)を学ぶことができるスクール

次にNoCode(ノーコード)を学ぶことができるスクールをみていきましょう。

以下がNoCode(ノーコード)を学ぶことができるスクールです。

テックアカデミー「はじめてのDXコース」

身につくスキル
  • AppSheetを活用したアプリ作成スキル
  • 課題整理・改善施策立案スキル
  • 基礎的なデータ分析スキル

はじめてのDXコースは短期間でノーコード開発ツールを使用して業務効率化のアプリを開発できる講座です。

講師は通過率10%を突破した現役エンジニアです。

スクールでは、AppSheetを使用したアプリ制作スキルを身につけることがゴールです。

期間内にDXの学習、ノーコード開発ツールでの業務効率化アプリを作成します。

業務マニュアルアプリの作成、備品管理アプリの作成、データ活用、オリジナルアプリの作成を通して様々な知識を学習します。

テックアカデミー「DXマネジメントコース」

身につくスキル
  • 課題解決に導くロジカルシンキング
  • プロジェクトの立ち上げ・進行管理スキル
  • ITエンジニアリングの基礎知識
  • データ活用に必要な管理スキル

DXマネジメントコースは短期間でDX推進に必要なマネジメント方法の基礎を習得できる講座です。

講師は通過率10%を突破した現役エンジニアです。

スクールでは、デジタル技術も活用してビジネス課題を解決に導けるようになることがゴールです。

具体的な事例をもとに業務設計やデータ分析、WBSの作成などを行います。

ロジカルシンキング、業務設計、WBS(作業分解構成図)の作成、実践ケーススタディを通して様々な知識を学習します。

6.まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

NoCode(ノーコード)を学びたいという方は是非スクールで学んでみてはいかがでしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です