2021/2/18 「HTML&CSS辞典」をオープンしました! 是非、ご覧になってください!

[完全在宅!] 副業でコールセンター業務は稼げるの? オススメのコールシェアをご紹介します!

コールセンター業務を考えている人

完全在宅でコールセンター業務は可能なのかな? 副業でコールセンター業務は稼げるのかな? コールシェアとはどのようなサービスなのかな?

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

最近、働き方改革やコロナの影響もあり、副業を解禁する会社が増えてきています。

世の中がこのような流れになってきているので、副業をしたいという方もいると思います。

しかし、副業といっても以下のように様々です。

  • データ入力
  • ライティング
  • アンケートモニター
  • テープ起こし
  • ブログ
  • Web制作
  • コールセンター業務

上記では副業の一部をご紹介しましたが、他にもたくさんの副業が存在しています。

そこで、この記事では在宅でできるコールセンター業務をご紹介していきたいと思います。

副業をしたい」、「在宅でできるコールセンター業務をしたい」などと考えている方は是非、最後まで読んで頂けたらと思います。

この記事の対象者
  • 副業としてコールセンター業務に挑戦したい方
  • コールシェアというサービスを知りたい方

1.コールセンター業務とは?

まずはコールセンター業務とはどのようなものかみていきましょう。

コールセンター業務は電話でお客さんとやり取りをする業務となっています。

コールセンターは直接お客さんと対話するので、丁寧に対応することが求められます。

コールセンター業務は以下のように2つに分けることができます。

  • お客さんからの電話を受ける業務(インバウンド)
  • お客さんに電話をかける業務(アウトバンド)

それでは詳しくみていきましょう。

お客さんからの電話を受ける業務(インバウンド)

インバウンドとはお客さんからの電話に対応する業務のことです。

具体例として、商品・サービスのお問い合わせ対応・申し込み対応・クレーム対応などが挙げられます。

インバウンドは商品・サービスの知識やオペレーターの対応能力が求められます。

コールセンター業務開始まで覚えることが多いのが特徴です。

インバウンドに向いている人
  • 知識を習得するのが好きな方
  • 暗記が得意な方
  • 人の話を聞くのが得意な方

お客さんに電話をかける業務(アウトバンド)

アウトバンドとはお客さんに電話をかける業務のことです。

具体例として、商品・サービスのアンケート・売り込みなどが挙げられます。

アウトバンドはお客さんへのアプローチ方法がある程度決まっているため、業務の進め方が限られています。

このように内容が絞られているため、覚えることが比較的少ないのが特徴です。

アウトバンドに向いている人
  • 話すのが好きな方
  • 競争が好きな方
  • 切り替えが早い方

これらを踏まえて

コールセンター業務は会社の顔ですので、高い対人関係スキルが求められます。

また、知識を習得し、うまく対応できるようになるまでの道のりは厳しいものです。

しかし、対人関係スキルが身につくのでコールセンター業務はオススメです。

気になる方は一度、コールセンター業務を試してみてはいかがでしょうか?

2.コールセンター業務を探すことができるオススメのサービス “コールシェア”

コールシェアの特徴
  • 在宅でコールセンター業務が可能
  • 未経験の方でも月10万円超えが可能
  • 働き方を決めることが可能

コールシェア」は株式会社コールナビが運営しているサービスとなっています。

現在では登録者が3,500人を超えています。

このサービスは在宅でできるコールセンター業務を取り扱っています。

お仕事内容はアンケートに回答してもらう、アポイントを獲得する、商品・サービスの成約させるなど様々です。

また、コールシェアは在宅でできるコールセンター業務を扱っているため、好きな時間に、好きな場所で働くことができるというメリットがあります。

コールシェアでコールセンター業務を行うまでの流れは以下の通りです。

  1. コールシェア」に無料会員登録する
  2. コールシェアの担当者と希望条件を簡単に話し合う
  3. 希望条件をもとにコールセンター業務を紹介してもらう
  4. コールセンター業務を開始する

そのため、スキマ時間に仕事をしたいと考えている方にオススメのサービスとなっています。

在宅でコールセンター業務をやりたい方は「コールシェア」を利用してみてはいかがでしょうか?

3.まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

コールセンター業務に少しでも興味を持っているという方は是非、挑戦してみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です