[PHP入門] 正規表現で置換ができるpreg_replace関数とは? 使い方もわかりやすく解説します!

正規表現のpreg_replace関数を利用することで正規表現による置き換えを行うことができます。

この記事では正規表現とはどのようなものか、preg_replace関数、preg_replace関数のサンプルプログラムについて解説していきます。

1.正規表現とは?

正規表現を利用することで、「特定の文字列が数字なのか英字なのか」等、様々なパターンをチェックすることができます。

例えば、お問い合わせフォームの電話番号、郵便番号、メールアドレスが正しく入力されているか正規表現を利用してチェックすることができます。

具体的に郵便番号を正規表現でどのようにチェックするのかを見てみましょう。

郵便番号は〒の後に「3つの数字」、「-」、「4つの数字」が並んでいます。

郵便番号を正規表現でチェックする場合、どのように記述するのでしょうか。

正規表現を利用して、[0-9]{3}-[0-9]{4}と記述することができます。

上記は先頭から「0-9の数値3桁」、「0-9の数値4桁」かどうかをチェックするという意味になっています。

正規表現を使用しない場合、何段階に分けてチェックする必要があります。

しかし、正規表現を利用することで入力内容と一致するかどうかを簡潔に記述することができます。

このように正規表現はデータが正しく入力されたかをチェックし、データの正確性を向上させる役割を担っています。

正規表現をもっと詳しく知りたい方は以下の記事も是非ご覧になって下さい。

[PHP入門] 正規表現とは? 仕組み・正規表現パターンもまとめてみました!




2.preg_replace関数とは

preg_replacel関数は正規表現による置き換えを行うことができます。

preg_replace関数の構文は以下の通りです。

mixed preg_replace (mixed $pattern , mixed $replacement , mixed $subject [, int $limit = -1 [, int &$count]])

引数

$pattern

正規表現パターン

$replacement

置き換え後の文字列

$subject

置き換え対象の文字列

$limit

置き換えの上限回数

&$count

置き換えが行われた回数を受け取る変数




3.preg_replace関数のサンプルプログラム

それでは実際にpreg_replace関数のサンプルプログラムを見てみましょう。

上記は正規表現パターンに沿って、$subjectの文字列を置き換えるサンプルプログラムになっています。

結果は以下の通りです。




4.PHPをもっと学びたい方へ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

PHPをもっと学びたいという方はいないでしょうか?

上記のように考えている方にオススメの教材があります。

確かな力が身につくPHP「超」入門

この本ではPHPの基礎構文だけでなく、商品管理システムを作りながら、PHPをより実践的に学ぶことができます。

そのため、PHPを一通り学んだ方にオススメできる一冊です。

是非、挑戦してみてはいかがでしょうか?

以下の記事でPHPを学ぶことができるオススメの本をまとめていますので、よかったらご覧になって下さい。

[初心者~中級者向け] PHPを学ぶことができるおすすめの本

Udemy

UdemyではPHPを学ぶことができる講座を多数取り扱っています。

以下の記事でPHPを学ぶことができるオススメの講座をまとめていますので、よかったらご覧になって下さい。

[2021年最新版] Udemy(ユーデミー) おすすめのPHP講座

TechAcademy

TechAcademy [テックアカデミー]ではPHPを学ぶことができます。

無料体験も行っているので是非、体験してみてはいかがでしょうか?

TechAcademyについてまとめた記事もありますので、よかったらご覧になって下さい。

いくら? 悪評は? TechAcademy(テックアカデミー)とは? 口コミもまとめてみました!




5.ポイント

ポイント
  • preg_replacel関数は正規表現による置き換えを行うことができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です