[PHP入門] 再帰関数とは? 関数から戻り値を複数返すには? 使い方・書き方をわかりやすく解説!

この記事では複数の戻り値再帰関数について解説していきます。

是非、最後まで読んで頂ければと思います。

1.関数から戻り値を複数返すには?

通常、戻り値は一つしか返すことができません。

しかし、戻り値を複数返したい場合はどのようにしたらいいのでしょうか?

戻り値を複数返したい場合、配列に値をまとめる必要があります。

実際に、配列を使用して複数の戻り値を返してみましょう。

Sample()関数は$number1、$number2、$number3の3つの値を配列に格納し、戻り値として返しています。

そして、8行目ではlist命令で配列の内容を変数に振り分けています。

9行目から11行目までで$number1、$number2、$number3に格納されている値を表示しています。




2.再帰関数とは? わかりやすく解説します!

再帰関数とは?

再帰関数とは自分自身を繰り返し呼び出して実行する関数のことです。

注意点

再帰処理は自分自身を呼び出すため適切な終了処理をしない限り無限ループになってしまう点に注意する必要があります。

「自分自身を繰り返し呼び出して実行する」とはどのようなことを意味しているのでしょうか?

例えば、階乗を求める計算のように同じような処理を繰り返し呼び出すような処理を実行することができます。

それでは具体的にスクリプトを見ていきましょう。

上記は階乗を求める関数となっています。

階乗とは整数nに対して「1からn」までのすべての整数をかけ算した値のことです。

例えば、自然数3の階乗は「3 × 2 × 1」となります。

関数内では「$number * factorial($number – 1)」の部分がnの階乗を求める箇所となっています。

つまり、「$number × ($number -1)!」と表現しているのです。

結果として自然数3の階乗は6となりました。

再帰処理はなかなか処理内容を理解するのが難しいところですですが使えるようになるとソースをシンプルに書けるようになります。




3.PHPをもっと学びたい方へ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

PHPをもっと学びたいという方はいないでしょうか?

上記のように考えている方にオススメの教材があります。

確かな力が身につくPHP「超」入門

この本ではPHPの基礎構文だけでなく、商品管理システムを作りながら、PHPをより実践的に学ぶことができます。

そのため、PHPを一通り学んだ方にオススメできる一冊です。

是非、挑戦してみてはいかがでしょうか?

以下の記事でPHPを学ぶことができるオススメの本をまとめていますので、よかったらご覧になって下さい。

[初心者~中級者向け] PHPを学ぶことができるおすすめの本

Udemy

UdemyではPHPを学ぶことができる講座を多数取り扱っています。

以下の記事でPHPを学ぶことができるオススメの講座をまとめていますので、よかったらご覧になって下さい。

[2021年最新版] Udemy(ユーデミー) おすすめのPHP講座

TechAcademy

TechAcademy [テックアカデミー]ではPHPを学ぶことができます。

無料体験も行っているので是非、体験してみてはいかがでしょうか?

TechAcademyについてまとめた記事もありますので、よかったらご覧になって下さい。

いくら? 悪評は? TechAcademy(テックアカデミー)とは? 口コミもまとめてみました!




4.ポイント

ポイント
  • 戻り値を複数返したい場合、配列に値をまとめることで返すことができます
  • 再帰関数は自分自身を繰り返し呼び出して実行する関数のことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です