「押さえておきたいWeb知識」で検索お願いします!

[2021年最新版] Ruby on Rails を学ぶことができるおすすめの本

Ruby on Railsを学ぶことができるオススメの本を知りたい人

Ruby on Railsを学びたいけど、どの本で学習すればいいのか分からない。Ruby on Railsを学びたいけど、おすすめの本がどれか知りたい。自分のレベルに合った本がどれか知りたい。

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

書店やECサイトをみるとRuby on Railsを扱っている本はたくさんあり、レベルも様々です。

自分のレベルに合わない本を選ぶと途中で挫折してしまったり、学べることがあまりなかったということが起きます。

そんな方にレベル別にRuby on Railsを学ぶことができるおすすめの本を紹介していきたいと思います。

気になる方は是非、最後まで読んで頂ければと思います。

この記事の対象者
  • Ruby on Railsを学びたい方
  • Ruby on Railsを学ぶことができる本を知りたい方

1.初心者向け

Ruby on Rails 6 超入門

本の内容

Ruby on Railsは、Ruby言語を使った世界でもっとも有名なフレームワークです。

最新のRails 6は、以前にもましてパワフルに進化しました。

本書は、プログラミング言語RubyとフレームワークRuby on Rails 6を使った、初心者のためのWebアプリ開発入門書です。

「Railsの経験はないけれど、手っ取り早くRailsを知りたい」という人でも挫折しないよう、サンプルを実際に試しながら学べます。

またRails 6の新機能も解説します。

レビュー

この本は初心者の方でも理解しやすいように図や画像もまじえて解説されています。

また、あまり難しいことを取り扱っていない、一つ一つ丁寧に解説されているなど初めて学ぶ人にとって優しい本となっています。

そのため、Ruby on Railsを学ぶきっかけに最適な本だなと思いました。

初心者の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

[無料] 基礎Ruby on Rails 基礎シリーズ

本の内容

本書は、2007年10月に初版が発行された『基礎 Ruby on Rails』の改訂4版です(Ruby 2.5/Rail 5.2対応)。

これから、初めてウェブ開発に携わりたいと考えている方々を対象に、Rubyの文法やオブジェクト指向の考え方を初歩から解説し、アプリケーションのモックアップ作り、データベースを導入し、ログイン・ログアウト機能を加え、最終的にはメンバーや記事の管理ページまでできあがります。

読者はChapter 1 から順を追って学習していけば、Ruby on Rails によるアプリケーション開発の流れをつかむことができます。

レビュー

この本はkindle unlimitedに入会すると無料で手に入れることができます。

バージョンは5.2ですが、Ruby on Railsの基礎から学び、徐々にレベルが上がっていく構成になっています。

この本を学習するとRuby on Railsの基礎を押さえることができます。

2.中級者向け

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

本の内容

Railsアプリの基本から実践的なノウハウまでこの1冊で!本書は、Ruby on Rails(以下Rails)を使ってWebアプリケーションを開発するための解説書です。

RailsでどのようにWebアプリケーションを作るのかという基本的なところから、現場のニーズに合わせてどのように機能を追加していくのか、テストはどのように行うのか、複数人で開発していく場合の方法といった実践的なトピックまで、幅広くカバーしています。

本書を読んだ方が単にRailsでWebアプリケーションを作れるようになるだけでなく、「Railsらしいアプリケーションコード」を書けるようになり、そして開発チームの仲間とともに実現したいことを実現できるように、という視点で必要な情報をまとめた1冊です。

レビュー

バージョンはRuby on Rails 5となっていますが、Ruby on Railsの基礎知識を一通り学び終えた方におすすめできる本です。

内容はより実践的な内容になっており、BootstrapやAjaxを使ったりと少し踏み込んだ内容となっています。

基礎的な部分はあまり取り扱っていないので、基礎的な学習から次にステップアップしたい方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

本の内容

MVCに則ったWebアプリケーションフレームワークを対象に,Scaffolding機能から,ビュー/モデル/コントローラ開発,ルーティング,テスト,クライアントサイド開発まで,Railsの主要機能を徹底解説しています。

クライアント開発で必要となるCoffeeScriptやSCSS,バージョン4以降の新機能であるActive Jobにも対応しているので,最新技術を取り入れたWebアプリケーション開発にも柔軟に対応できます!

レビュー

バージョンはRuby on Rails 5となっていますが、Ruby on Railsの機能を幅広く扱っています。

本書の後半では高度な機能説明もあるので、中級者向けの本と言えるでしょう。

3.上級者向け

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】

本の内容

Rails 6.0を完全網羅。Dockerでの導入方法など最新の実践的内容を紹介

対象バージョンをRuby 2.6/2.7系、Rails 6.0系に変更した増補改訂版。新しいRailsのバージョンでサポートされた機能の紹介だけでなく、Dockerでの導入方法など最新の実践的内容を追加し,現在のトレンドとなる開発スタイルを紹介します。

レビュー

Ruby on Railsをさらに極めていきたいという方におすすめの一冊となっています。

この本は基礎的な所から実践的な所まで幅広く取り扱っています。

Ruby on Railsに慣れてきた方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

Ruby on Rails 6 実践ガイド

本の内容

本書は、2014年4月出版の『実践Ruby on Rails 4: 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』をRuby on Railsのバージョン6向けにアップデートしたものです。

本書では、1つの企業向け顧客管理システムを作る過程で、RailsによるWebアプリケーション開発の基礎知識とさまざまなノウハウを習得していきます。

各章末には演習問題が設けられているので、理解度を確かめながら確実に読み進められます。

著者が試行錯誤を繰り返した上でのベストプラクティスを提供し、読者は、実際に業務システムを構築しながらRailsのさまざまな機能、方法、作法、メソッド、テクニックを学ぶことができます。

レビュー

この本は上級者向けとなっています。

今まで学んだことをアウトプットしながら顧客管理システムを作ることができます。

Ruby on Railsの基礎部分を理解できたつもりでいても、いざRuby on RailsでWebアプリケーションを作ろうとするとできないということもあります。

そのため、この本で力試ししてみるのはアリだと思います。

次のステップに進みたいという方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

4.まとめ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

今回紹介した本は初心者向けから上級者向けまで幅広く紹介しました。

本で勉強したけれど、途中で挫折してしまいそうという方はプログラミングスクールという手段もありだと思います。

本で学習していると躓いた時に聞ける人がいませんが、プログラミングスクールだと聞ける人がいます。

そのため、途中で挫折するということを防ぐことができます。

以下はRuby on Railsを学ぶことができるオススメのプログラミングスクールです。

それぞれ無料体験無料説明会も行っているので、自分に合うサービスかどうか試してみるといいかと思います。

Ruby on Railsを学ぶことができるプログラミングスクール
プログラミングスクール TechAcademy(テックアカデミー)とは? 特徴・口コミをまとめてみました! プログラミングスクール DMM WebCamp ビジネス教養コースとは? 特徴・口コミをまとめてみました! プログラミングスクール CodeCamp(コードキャンプ)とは? 特徴・料金・口コミをまとめてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です