2021/2/18 「HTML&CSS辞典」をオープンしました! 是非、ご覧になってください!

サーバーとは? レンタルサーバーの種類を分かりやすく解説します!

「サーバー」という言葉をよく耳にしますが、どのようなものかイメージしにくいかと思います。

そこで、この記事ではサーバーについて分かりやすく解説していきたいと思います。

是非、最後まで読んで頂ければと思います。

サーバーと聞くと、コンピューター等のハードウェアをイメージするかと思います。

私たちが想像するサーバーは、サーバー機能を提供しているソフトウェアをハードウェアに搭載することで、サーバーとしての役割を果たせているのです。

サーバーはインターネットを通じてユーザーと繋がっており、私たちに様々なサービスを提供してくれています。

サーバーはどのような仕組みで私たちにサービスを提供してくれているのでしょうか。

クライアントがサーバーにリクエストを送ることで、サーバーに保管しているサービス・データをクライアントにレスポンスする仕組みになっています。

このようなコンピューターシステムをクライアントサーバーシステムと呼びます。

クライアントサーバーシステム




2.サーバーの種類と役割

サーバーといっても様々な種類が存在しており、それぞれ役割が異なります。

ここでは代表的なサーバーの種類と役割をみていきましょう。

Webサーバー

WebサーバーはWebブラウザからのリクエストに応じてファイルや画像をレスポンスする仕組みになっています。

そのため、WebサーバーはWebサイトを表示させるのに必要不可欠なものです。

WebサーバーではApache、nginx 、IISの3つがよく使用されています。

メールサーバー

メールサーバーはメールを送受信する時に使用されるサーバーのことです。

メールサーバーは送信機能を提供するSMTPサーバー受信機能を提供するPOP3サーバーに分かれています。

SMTPサーバーは送信者からメールを受け取った後、メールアドレスのドメイン部分から送信先のメールサーバーを特定し、メールを送信しています。

POP3サーバーは送信者からのメールをメールアドレス毎に保管しており、メール受信者はメールソフトを通して、アクセスし、メールを取り出しています。

データベースサーバー

データベースサーバーはデータを格納するサーバーのことです。

データベースサーバーのみでは動作しないので、データベース管理システムを使用して、データの検索・抽出・更新等を行っています。

FTPサーバー

FTPサーバーはインターネット上でファイルを送受信するためのサーバーのことです。

FTPサーバー上にファイルをアップロードしたり、FTPサーバー上に保存されているファイルをダウンロードするためにFTPクライアントソフトが必要になります。

FTPクライアントソフトとFTPサーバーはWebサイトを公開する時によく使用されます。

最近、ワードプレス、ホームページビルダー等のツールはFTPクライアントソフトが搭載されているので、Webサイトを公開することが簡単になっています。




3.レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーとは業者がサーバーを貸し出すサービスのことです。

サーバーを自前で用意して運用するとなると、サーバー、ネットワーク、セキュリティ等幅広い知識が必要になります。

そこで、レンタルサーバーを利用することで用意や運用が簡単かつ安価で済ませることができます。

レンタルサーバーには共有サーバー専用サーバーVPS(仮想専用サーバー)クラウドサーバーがあります。

共有サーバー

1つのサーバーを複数のユーザーで共有するサービスです。

1つのサーバーを共有するので、レンタルサーバー料金は安くなります。

業者が準備した環境でサーバーを利用できるので、サーバーに関する専門知識や技術を必要とせず、管理の手間を省くことができます。

しかし、複数のユーザーとサーバーを共有するため、他のユーザーの影響を受ける可能性やサーバーの設定を自由にカスタマイズできないデメリットもあります。

専用サーバー

契約者が1つのサーバーを専有するサービスです。

サーバーの管理者権限を持つことができ、サーバーの設定を自由にカスタマイズ可能です。

しかし、サーバーの設定は契約者が行う必要があり、専門的な知識や技術が必要になります。

VPS(仮想専用サーバー)

1つのサーバー内に仮想サーバーを複数構築し、ユーザーに割り当てるサービスです。

1つのサーバーを複数で共有することができ、サーバーの設定を契約者毎に自由にカスタマイズ可能です。

しかし、複数のユーザーとサーバーを共有するため、他のユーザーの影響を受ける可能性やサーバーの設定は契約者が行う必要があり、専門的な知識や技術が必要になります。

クラウドサーバー

クラウドサーバーとは、クラウド環境に作られたサーバーです。

従来のサーバーとは異なり、必要なときに必要なだけ、サーバーを利用することができ、柔軟な利用が可能です。

しかし、どこからでもアクセスが可能な反面、セキュリティ対策をしっかり行う必要があります。

もし、レンタルサーバーをご検討中の方は以下の記事もご覧下さい。

[2021年最新版] 初心者必見! オススメのレンタルサーバー比較




4.ポイント

ポイント
  • サーバーはインターネットを通じて利用者と繋がっており、Webサイトの閲覧、ECサイトでの商品購入、SNS等、様々なサービスで利用されています
  • レンタルサーバーは主に共有サーバー、専用サーバー、VPS、クラウドサーバーに分類できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です