ホームページビルダーからWordPressへの移行経緯と手順についてまとめてみました!

ブログを移行したい人

ホームページビルダーからWordPressへ移行したいな。サイトをリニューアルしたいな。

この記事は上記のような疑問を解消する記事となっています。

この記事でお話すること
  • ホームページビルダーからWordPressへ移行した経緯
  • ホームページビルダーからWordPressへ移行した手順

2020年7月30日に当サイトのリニューアルとともにWebサイト構築ツールをホームページビルダーからWordPressへ移行致しました。

ホームページビルダーは誰でも簡単にWebサイトを制作できるということでとても人気のあるツールとなっています。

しかし、運用体制、SEO、拡張性を考慮すると、WordPressの方がいいのではないかという結論に至りました。

そこで、この記事ではホームページビルダーからWordPressへ移行した経緯、手順をまとめてみました。

移行を考えている方のご参考になれば幸いです。

注意

今回、サーバー移管は行っていません。

1.ホームページビルダーからWordPressへ移行した経緯

まず始めになぜホームページビルダーからWordPressへ移管したのかをお話していきたいと思います。

WordPressへの移管した3つの理由
  • 運用体制
  • SEO
  • 拡張性
注意書き

これから3つの理由をお話していきますが、それぞれの状況によって適しているツールも異なってくると思うので、「こんな意見もあるんだな」くらいに受け止めてもらえれば幸いです。

運用体制

1つ目の理由は「運用体制」を考慮してです。

以前ホームページビルダーを使用していましたが、いつでもどこでも更新するということがツールの特性上難しかったです。

一方、WordPressはいつでもどこでも使用することができるので運営が楽になるなと感じていました。

また、当サイトは複数人で運営しているのでWordPressへ移行したことで各々のペースで記事を書くことができるようになり、運営コストを下げることができました。

更新頻度が高く、複数人で運営している場合はWordPressが一番適しているツールではないかと現状思っています。

SEO

2つ目の理由は「SEO」を考慮してです。

WordPressはSEOプラグインが豊富に揃っているので手間をかけることなく、SEO対策を万全に施すことができるのではないかと感じていました。

以前までページ更新の度、サイトマップ作成、アップロードという作業を行っており、手間がかかっていました。

他にもSEO対策を行うために多少なりとも時間がかかっていました。

SEO対策を自分たちで行っていたので仕組みを理解できたという点ではよかったと思っています。

今回、WordPressへ移行したことで上記の作業が自動化され、運用コストを下げることができました。

オススメの有料テーマ

有料テーマを導入したことで手間をかけることがなく、SEO対策を行うことができました。

実際に有料テーマ導入後、アクセス数がアップしました。

そのため、有料テーマを導入することをオススメします。

2020年11月25日現在、アクセス数・収益も順調に伸びています。

SEO対策されているテーマに変えてから検索順位も上がりやすくなりました。

オススメの有料テーマ

[2021年最新版] SEOに強いオススメのWordPressテーマをご紹介します! [体験談] ブログでWordPress有料テーマを使うメリット!
キーワード検索順位計測ツール

記事の検索順位をしっかりと追うために、「キーワードの検索順位計測ツール【順一くん】」を利用しました。

初心者の方でも分かりやすい設計になっており、価格も月500円となっているので、一度利用してみてはいかがでしょうか?

[検索順位計測をしたい方必見!] SEOツール “順一くん” を使ってみた!

拡張性

3つ目の理由は「拡張性」を考慮してです。

今後当サイトで何かサービスを打ち出していきたいなと思った時にツールの特性で制約が出てくるとまずいなと感じていました。

そこで、WordPressであればカスタマイズしやすいので何かしたい時に再度ツールを変えないといけないということが発生しにくいなと思っていました。




2.ホームページビルダーからWordPressへ移行した手順

次にホームページビルダーからWordPressへ移行した手順をお話していきたいと思います。

注意

今回、サーバー移管は行っていません。

レンタルサーバーにWordPressをインストール

まず始めにレンタルサーバーにWordPressをインストールする必要があります。

現在使用している「ニフクラ レンタルサーバー」にWordPress簡単インストール機能が付いていたので、今回はこの機能を使用しました。

[激安] Webサイト開設・運営にオススメのレンタルサーバー比較

データ移行作業

WordPressをインストールできたら、次にデータ移管作業を行います。

すべて手作業で1ページずつデータ移管を行っていきます。

ホームページビルダーとWordPressのデータ保存方法が異なっていたので自動移行ができませんでした、、

当サイトは約200ページのみの移行でしたので、そこまで労力がかかりませんでしたが、大規模なWebサイト移行の場合、労力が相当かかるかと思います。

大規模なWebサイト移行の場合、しっかりと無理な期間設定を行わずにデータ移行作業を進めたほうがいいかと思います。

「.htaccess」ファイルの作成・設置

旧サイトのURLを訪れたユーザーを新サイトのURLにリダイレクトさせたいのでhtaccessファイルというものを作成して設置します。

URL転送を行う際に旧サイトのURLが持っている検索エンジンの評価を引き継いで転送することができる「301リダイレクト」というものを行います。

301リダイレクトを行う際に以下の条件を満たす必要があるので注意が必要です。

301リダイレクトを行う際の注意点
  • 「.htaccess」が使えるレンタルサーバーである
  • 「apache」というWebサーバーを使用している

「.htaccess」ファイルを設置することができるかは必ずレンタルサーバーのホームページ等で確認しましょう。

「.htaccess」について詳しく以下の記事でまとめていますので、よかったらご覧になって下さい。

[必見] .htaccessとは? できること・注意点・読み方をわかりやすく解説します!




3.WordPressを使ってみての感想(2020年10月21日現在)

上記のような理由でWordPressへ移管して約4カ月が経ちました。

当初と比べ、当サイトに関わる人が多くなりましたが、運営がスムーズにできているので移管してよかったなと思っています。

また、有料テーマを使ったことでアクセス数も2倍になりました。

今後も改善を重ねながら、アクセス数を伸ばしていきたいと思います。

4.Web制作のご依頼について

株式会社サン・システムズコーポレーションはホームページ制作も行っています。

「Web制作だけでなく、ドメイン取得からWeb制作まですべてお願いしたい」などご要望がある場合、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです。

以下がWeb制作の詳細となっていますので、ご興味がある方はご覧になって下さい。

Web制作のご依頼

お手数お掛けしますが、よろしくお願いいたします。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です