「押さえておきたいWeb知識」で検索お願いします!

ペルソナマーケティングとは? メリットと注意点を解説!

Webマーケティングを行っている方であれば、「ペルソナマーケティング」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

効率的にマーケティングを行うために特定の基準で市場を細分化し、ターゲットを定める方法もありますが、実際に画一化された人物は複数人存在しません。

そこで、詳細な設定をした架空の人物像で分析を行うペルソナマーケティングを導入すると、多様な価値観がある現代で最適なマーケティング活動を行うことができます。

しかし、ペルソナマーケティングは適切に行わないと商品・サービス開発がうまくいかないことがあるので注意が必要です。

そんなペルソナマーケティングをこの記事でご紹介していきます。

是非、最後まで読んで頂ければと思います。

1.ペルソナマーケティングとは

近頃、ペルソナという言葉がWebマーケティング業界で耳にすることが増えましたが、元々ペルソナはラテン語で「仮面」という意味で使用されていました。

ペルソナという言葉は当初、演劇で「仮面」という意味で使用されていましたが、徐々に「人格」という意味で使用されるようになりました。

そして、Webマーケティング業界でも「ペルソナ」という言葉が使用されるようになりました。

Webマーケティング業界で使用されているペルソナの意味は以下の通りになります。

ペルソナとは?

ペルソナとは商品・サービスを消費している詳細な設定がされた架空のユーザー像のことを表します。

ペルソナを設定する時に商品・サービスを消費する顧客像を具体的に考える必要があります。

例えば、年齢、性別、職業、住所、年収、趣味、家族構成、ライフスタイル等、顧客像を詳細に考えていきます。

ペルソナは既存顧客や潜在顧客の特徴から作り上げるので、架空の人物像でありますが、現実の顧客に近くになります。

また、ペルソナはターゲティングと異なり、顧客像を深く設定するという特徴があります。

もし、ターゲティングについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

[必見!] ターゲティングとは フレームワーク「6R」を分かりやすく解説します




2.ペルソナ設定のメリット

ペルソナ設定を行うメリットはどのような所にあるのでしょうか。

ペルソナ設定のメリット
  • 満足度の高い商品・サービス開発や最適なマーケティング活動ができる
  • メンバー間の意思統一を図ることができる

満足度の高い商品・サービス開発や最適なマーケティング活動ができる

ペルソナ設定でターゲットを一人に絞り込むと、ライフスタイル、価値観等の考え方がイメージしやすくなり、問題点を発見しやすくなります。

問題点を解決するような商品・サービスをピンポイントで開発することで、その人物に最適な商品・サービスを提供することができるようになります。

また、最適な商品・サービス提供だけでなく、詳細な設定をしているのでその人物を想定して最適なマーケティング活動を行うことができます。

このようにユーザー目線で商品・サービス開発、マーケティング活動ができます。

メンバー間の意思統一を図ることができる

例えば、サービスのターゲットを「30代独身男性」と設定したとします。

このような抽象的なターゲット設定であると、メンバー間で「30代独身男性」のイメージが異なると思います。

メンバーの一人はアウトドア志向の30代独身男性を思い浮かべ、もう一人はインドア志向の30代独身男性を思い浮かべるかもしれません。

年齢、性別、職業、家族構成、ライフスタイル等、詳細な設定を行うのでメンバー間の認識のズレをなくすことができます。




3.ペルソナ設定時の注意点

ペルソナを適切に設定することができないと、マーケティング効果を発揮できないの注意が必要です。

ペルソナ設定時の注意点
  • 都合のいいペルソナ設定をしない
  • 思い込みでペルソナ設定をしない
  • ペルソナ設定を定期的に見直す

都合のいいペルソナ設定をしない

ペルソナ設定を行う時、自分たちに都合のいいペルソナ設定をしないことが重要です。

自分たちが開発したい商品・サービスを裏付けるような人物像にするとユーザーのニーズと乖離してしまいます。

ペルソナ設定は自分たちの思いではなく、ユーザー目線で行いましょう。

思い込みでペルソナ設定をしない

思い込みでペルソナ設定を行うと、ユーザーのニーズを正確に把握することができません。

思い込みを避けるためにユーザーにインタービューしたり、客観的なデータを収集することが必要になります。

ペルソナ設定を定期的に見直す

私たちは日々、多くの人や情報に関わっているので徐々に価値観等が変わっていくことがあります。

ペルソナ設定を変更せずに商品・サービスを開発し続けると、徐々にユーザーのニーズと乖離していきます。

このようなことがあるので、定期的にペルソナ設定を見直す必要があります。




4.ポイント

ポイント
  • ペルソナとは商品・サービスを消費している詳細な設定がされた架空のユーザー像のことです
  • ペルソナ設定のメリットとして、満足度の高いサービス開発、最適なマーケティング活動、メンバー間の意思統一が挙げられます
  • ペルソナ設定の注意点として、都合のいいペルソナ設定をしない、思い込みでペルソナ設定をしない、ペルソナ設定を定期的に見直すことが挙げられます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です