「押さえておきたいWeb知識」で検索お願いします!

[Web用語] Webブラウザとは? 分かりやすく解説します!

Webブラウザとは?

WebブラウザとはWebページを閲覧するためのソフトウェアのことです。

Webブラウザにはユーザーが便利に使用することができるように様々な機能が付いています。

解説

WebブラウザはサーバーとHTTP通信でやりとりを行い、Webページなどのhtmlファイルなどを取得します。

取得したファイルがhtmlやcssであれば、HTMLレンダリングエンジンで解析して画面表示させます。

また、必要に応じて、Javascriptを解析して実行するJavascriptエンジンや画像を表示する機能なども実行します。

これ以外にもお気に入りのwebサイトを登録するためのブックマーク機能、閲覧したwebサイトを記録する履歴機能なども搭載されています。

Webブラウザは様々な企業が開発しており、多くのWebブラウザは無償で提供されています。

現在の代表的なWebブラウザはInternet Explorer、Firefox、chrome、safari、operaの5つです。

Webブラウザのシェア率は現在ではgoogleが開発したchromeがシェアを広げています。

各ベンダーがWebブラウザのシェア争いを行っており、少しでも多くのシェアを獲得するために新機能をいち早く実装したり、Webページを表示する実行速度を改善したりと競い合っています。

こうした経緯もあり、Webブラウザの機能が充実し、年々便利になっていっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です