「押さえておきたいWeb知識」で検索お願いします!

[Web用語] プロキシサーバとは? 分かりやすく解説します!

1.プロキシサーバとは?

プロキシは代理という意味を持っています。

プロキシサーバとは他のパソコンの代理で動いてくれるサーバのことで、様々な用途で利用されています。




2.解説

プロキシサーバの主な用途は他のパソコンの代理でHTTP通信を行うことです。

プロキシサーバは社内のインターネット利用を管理する目的でよく利用されます。

社員がインターネットを利用する際に各端末ごとに接続させるのではなく、プロキシサーバを経由させることで業務で利用するのにふさわしくないサイトを閲覧しようとした際に通信をブロックできます。

また、リクエストした情報をキャッシュしておくことで社内全体の通信負荷を減らすこともできます。

インターネット上に公開されているプロキシサーバを経由して通信を行うと相手に自身のIPアドレスを知らせずにリクエストできます。

IPアドレスによってアクセスを制限しているWebサイトを閲覧するときでは公開プロキシを経由して制限を回避できます。

しかし、不正アクセスを隠蔽するなど違法な目的で利用されることもあります。

その他、リバースプロキシと呼ばれるサーバも存在します。

これはWebサーバの通信を補助する役割のプロキシです。

リバースプロキシはWebサーバが返すレスポンスをキャッシュしておき、次に同じリクエストを受け付けたときにはWebサーバに問い合わせせず、保持しているキャッシュを返します。

画像ファイルのように頻繁に更新されない情報をキャッシュさせておくと効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です