「押さえておきたいWeb知識」で検索お願いします!

[Web用語] クラウドコンピューティングとは? 分かりやすく解説します!

1.クラウドコンピューティングとは?

クラウドコンピューティングはインターネット上に存在する仮想化されたリソースをサービスとしてユーザに提供します。

インターネットを図示する際によく雲の絵が使われることからクラウドと呼ばれています。




2.解説

クラウドの例としてよく挙げられるサービスにAmazon EC2があります。

EC2の正式名称はElastic Compute Cloudといいます。

サーバの処理能力やデータ転送能力を必要な分だけ必要なときに借りることができ、使った分だけ料金が請求されるサービスです。

Amazon EC2は1GBごとのデータ送信、1時間ごとのサーバの利用ごとに請求が発生する仕組みになっています。

このようなクラウドサービスを利用するとアクセス数が急増した場合に便利です。

例えば、Webサイトで申し込むフォームを一転期間設置する予定があり、その時だけアクセス数が4倍以上になることが予想されます。

しかし、その期間、サーバを購入するのは効率がいいとは言えません。

このようなときにクラウドサービスを利用すれば、必要なリクエストを応答できるサーバリソースを一定期間借りることもできます。

このようにサーバのリソースを借りる形態をIaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)と呼びます。

他にもSaaS(Software as a Service)という形態もあります。

クラウドサービスにはAmazon EC2以外にもGoogle Cloud、Azureなどがあります。

これらの運営企業に共通しているのはもともと巨大なサーバ群を持っているので、サーバ運営能力に長けています。

クラウドサービスの中には一定期間、一定容量まで無料で利用できるので一度利用してみるのもアリかと思います!

[Ruby on Rails] オススメのサーバーを比較! [2021年最新版] Laravelが利用できるおすすめのサーバーを比較してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です