「押さえておきたいWeb知識」で検索お願いします!

[Web用語] RSSリーダとは? 分かりやすく解説します!

1.RSSリーダとは?

RSSとはWebサイトの新着情報などを通知する目的で利用されている文書フォーマットです。

XML形式でサイト名や各記事のタイトル、URI、更新日時、本文または本文の一部などを記述します。




2.解説

RSSはブログ更新情報を通知する目的に利用されることが多いです。

他にもニュースサイトで新着ニュースを通知する目的や管理ソフトでメンバーが行った作業を共有する目的で利用されています。

Webサイトの更新情報をRSSを利用せずにプログラムで取得しようとすれば、そのWebサイトの全ページをリクエストして更新日時などを確認しなければいけません。

新着情報をRSSで公開しているWebサイトであれば、RSSを見るだけで、いつ、どのWebページで更新があったのかといった情報を確認できます。

RSSリーダは様々なWebサイトのRSSを取得して新規に更新された情報を新着順に表示してくれるサービスです。

中には1日に数百、数千というサイトを見ている人もいると思います。

それらのWebサイトを一つずつ訪問して更新がないか確認していたら時間がかかってしょうがないです。

しかし、RSSリーダの一覧ページを確認するだけで数百、数千というWebサイトの中から更新された情報を取得して、効率よくWebサイトを購読できます。

RSSリーダはWebブラウザにも提供されています。

例えば、FireboxにはRSSを扱うライブブックマークという機能が用意されていて、登録されたRSSの新着情報をブックマークツールバーで確認できます。

是非、RSSを利用して日々のルーティンを効率化してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です