2021/2/18 「HTML&CSS辞典」をオープンしました! 是非、ご覧になってください!

[Web用語] XHTMLとは? 分かりやすく解説します!

目次

XHTML

XHTMLはEXtensible HyperText Markup Languageの略となっています。

XHTMLはその名の通り、HTMLとXMLでできることをwell-formedなXMLドキュメントとして記述できるようにした言語となっています。

解説

XMLとHTMLはもともとSGML(standard generalized markup language)という言語から派生して作られた言語となっています。

XMLは終了タグを省略できない、属性タグの値を省略できないという細かな違いはありますが、HTMLと同じように記述することが可能となっています。

XMLとHTMLの2つを扱うプログラムを組もうと思った場合、XML用とHTML用のプログラムを2つ用意しなければなりません。

しかし、XHTMLを使用することでXML用のプログラムを使用することができるので手間がかかりません。

また、XHTMLはXSLTというXMLドキュメントを別のドキュメントに変換する機能など、XMLの技術も交えて利用することもできます。

HTMLとXHTMLの違い

HTMLとXHTMLはどのような所が異なるのでしょうか。

XHTMLはHTMLと比較して文法が厳密になっているため、XHTMLでWebページを記述しようとするとHTMLよりソースコードの記述量が多くなります。

XHTMLは1999年にHTML言語に取って代わる言語として誕生しましたが、現在でもWebページにはHTMLが使用されています。

XHTMLを利用するとXMLの技術が利用できるというメリットがありますが、ソースコードの記述量が増えてしまうというデメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です