「押さえておきたいWeb知識」で検索お願いします!

[2021年最新版] WordPressが利用できるオススメのレンタルサーバーを比較してみた!

レンタルサーバーを検討している人

WordPressが使えるオススメのレンタルサーバーが知りたいな!

上記のようなお悩みを持っている方はいないでしょうか?

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • レンタルサーバーを選ぶ時の注意点
  • WordPressを使用できるレンタルサーバー

実際にWordPressを利用したWebサイトを公開する際の手助けになれば幸いです。

是非、最後まで読んで頂ければと思います。

この記事の対象者
  • WordPressが利用できるオススメのレンタルサーバーを知りたい方

1.レンタルサーバーを選ぶ時の注意点

できるだけレンタルサーバーのランニングコストをかけたくないという方もいらっしゃるかもしれません。

無料サーバーを使うという方法もありますが、以下のような懸念点があります。

  • 余計な広告が表示される
  • 接続が不安定
  • サービスが突然なくなる
  • アカウントが削除される

いくら無料で利用できるとは言え、上記のようなことが発生する懸念があれば利用するのは控えたほうがいいかと思います。

そこでレンタルサーバーを選ぶ時の注意点を見ていきましょう。

レンタルサーバーを選ぶ時の注意点
  • トラブル対応をしっかりと行っているか
  • サーバーの容量
  • サポート体制
  • SSLが利用可能かどうか
  • WordPress自動インストール機能付き
  • 自動バックアップ機能付き
  • マルチドメイン対応

トラブル対応をしっかりと行っているか

レンタルサーバーを利用して一番困るのはトラブルが発生した時です。

例えば、サーバーが障害を起こし、ホームページやブログを更新することができなかったとします。

レンタルサーバー業者がトラブル対応を後回しにして業務が進まないなどということも起こりうるかと思います。

そこで、トラブルが起きた時、迅速に対応してくれるレンタルサーバー業者を選ぶ必要があります。

サーバーの容量

最近、どこのレンタルサーバー業者も容量が多いのであまり気にする必要はありませんが、サーバーの容量も必ずチェックしましょう。

例えば、画像や動画が大量にあるホームページやブログの場合、サーバーの容量が大きいものを選ぶ必要があります。

また、当初サーバーの容量が必要なくても運用をしていくうちにサーバーの容量が必要になる場合があるので、サーバーの容量を追加できるレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

サポート体制

一般的にサーバーは24時間365日動き続けるのでサポート体制もチェックする必要があります。

例えば、土日祝日は会社がやっていないので土日祝日は対応しませんと言われたらとても困りますよね。

そのため、24時間365日対応なのか、電話やメールなどのお問い合わせ手段があるのかなどを調べる必要があります。

サポート体制に関して、心配な方は口コミを調べるといいかと思います。

SSLが利用可能かどうか

今回レンタルサーバーをかりるのが初めての方だと「SSL」という言葉はあまり馴染みがないかと思います。

SSL」とは「Secure Sockets Layer」の略で、通信の内容を暗号化して、データのやりとりを安全にしてくれるものとなっています。

「SSL」を導入することでセキュリティが強化されます。

「SSL」対応にするとURLが「http://~」ではなく「https://~」となります。

現在、「SSL」対応を行っていないとSEOが不利になるので必ずチェックしましょう。

SSL/TLS証明書の種類と有料・無料(Let’s Encrypt)の違いを解説

WordPress自動インストール機能付き

これはWord Pressでの運用を考えている方のみの注意点です。

いまやWord Pressを利用することでブログ、ホームページまで簡単に制作することができます。

Word Pressでの運用を考えている方は簡単にインストールする機能が付いているか確認する必要があります。

WordPress自動インストール機能が付いていることで面倒な作業を省くことができます。

自動バックアップ機能付き

自動バックアップ機能付きとはサーバーがデータを自動でバックアップしてくれる機能です。

例えば、誤ってデータを消去してしまった、障害のせいでデータが消失してしまったということが起きた場合、バックアップが行われていれば、データを復旧することが可能です。

自動バックアップ機能は必須ですので必ずチェックしましょう。

マルチドメイン対応

これは複数サイト運営を考えている方のみの注意点です。

マルチドメインとは、1つのレンタルサーバーにドメインを複数追加できるということです。

Webサイトを運営するたびにレンタルサーバーを借りると費用がかかるのでマルチドメイン対応かどうかもチェックしましょう。

2.WordPressを使用できるレンタルサーバー

それでは上記のことも踏まえてレンタルサーバー業者を見ていきましょう。

今回はレンタルサーバー大手をピックアップしました。

注意

今後、価格や機能は変わっていくかと思いますので、レンタルサーバーを契約する際は必ず内容をチェックしましょう

ロリポップ

ロリポップの特徴
  • 国内シェアNo.1
  • 利用実績200万サイト以上
  • WordPress簡単インストールあり
  • ドメイン取得サービス「お名前.com」・「ムームードメイン」と相性がいい

ロリポップはGMOペポバが運営しているレンタルサーバーとなっています。

現在利用実績が200万サイト以上もあるので多くのユーザーに信頼されているレンタルサーバー業者とも言うことができます。

Word Press簡単インストール機能も付いているので、初心者の方でも簡単にホームページやブログを制作することができます。

利用中に困ったことがあった場合、電話・チャットサポートもしっかりとしているので安心です。

また、レンタルサーバーの月額料金が安いのにも関わらず、安定したレスポンスを提供してくれるというメリットもあります。

料金表

注意

レンタルサーバー料金・機能は変わることがあるので、必ずチェックしてから契約するようにしましょう。

エックスサーバー

エックスサーバーの特徴
  • 国内シェアNo.1
  • サーバー速度No.1
  • WordPress簡単インストールあり
  • ドメイン取得サービス「Xdomain」と相性がいい

エックスサーバーはエックスサーバー株式会社が運営しているレンタルサーバーとなっています。

現在利用実績が180万サイトもあるので多くのユーザーに信頼されているレンタルサーバー業者とも言うことができます。

Word Press簡単インストール機能も付いているので、初心者の方でも簡単にホームページやブログを制作することができます。

また、初心者の方にも安心できる24時間365日サポートも行っています。

また、無料独自SSL対応、自動バックアップ、マルチドメインもOKなのでレンタルサーバー業者を検討している方は候補の一つに入れてもいいでしょう。

以下は「X10」プランの料金表となっています。

他にも「X20プラン」、「X30プラン」もありますので、是非公式ホームページでご確認ください。

X10プランの料金表

注意

レンタルサーバー料金・機能は変わることがあるので、必ずチェックしてから契約するようにしましょう。

[超簡単!] XserverのWordPressクイックスタートでブログを作る手順を解説します!

ConoHa WING

ConoHa WINGの特徴
  • 国内最速No.1
  • 安定性が高い
  • WINGパックなら更にお得
  • WordPressサイトの運用を簡単に始められる

ConoHa WINGは東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しているレンタルサーバーとなっています。

現在利用実績が20万サイトもあるので多くのユーザーに信頼されているレンタルサーバー業者とも言うことができます。

ConoHa WINGでは初心者でも簡単にWordPressサイトを開設することができます。

他にもマルチドメインが無制限、自動バックアップ、無料独自SSL、サポート体制もしっかりしているので初心者の方でも安心して使用することができます。

また、Webサーバー処理速度が圧倒的に速いという特徴もあります。

以下は「WINGパック」(12カ月)の料金表となっています。

他にもプランがありますので、是非公式ホームページでご確認ください。

WINGパック(12カ月)の料金表

注意

レンタルサーバー料金・機能は変わることがあるので、必ずチェックしてから契約するようにしましょう。

[爆速!] ConoHa WingでWordPressサイトを作成する手順! 初心者向けです!

SAKURA internet

ConoHa WINGの特徴
  • 利用実績45万件突破
  • 稼働率99.99%以上で安定性が高い
  • 国内自社データセンターあり
  • WordPress簡単インストールあり

「さくらのレンタルサーバ」を運営しているさくらインターネットは東証一部上場企業となっています。

現在では100万件の申し込みを突破しました。

高性能ハードウェアの導入や機能リニューアルにより、速度が大幅に向上し、快適に利用することができます。

また、サイトのバックアップとテスト環境を簡単に作成できる「バックアップ&ステージング機能」や「モリサ ワWebフォント」などの機能もあります。

レンタルサーバーを考えている方はさくらインターネットのレンタルサーバーも選択肢の一つに入れてみてもいいかもしれません。

料金表

注意

レンタルサーバー料金・機能は変わることがあるので、必ずチェックしてから契約するようにしましょう。

mixhost

mixhostの特徴
  • ビジネスで使える高品質を高いコストパフォーマンスで
  • ハイスペック環境による高速性の徹底追求
  • LiteSpeed Webサーバー
  • WordPress専用キャッシュで圧倒的な高速表示
  • 安心のセキュリティ

mixhostはアズポケット株式会社が運営するレンタルサーバーとなっています。

mixhostはアフィリエイターのために最高のレンタルサーバーを作りたいという考えをもとに作られました。

2019年の満足度調査では「アフィリエイター&ブロガー満足度」、「アクセス処理速度満足度」、「表示スピード満足度」でNo.1を取得しています。

現在ではサイト運用数が20万件を突破しました。

また、WordPressクイックスタート機能があるので90秒でブログを作ることができます。

ブログをやっていきたいという方は、mixhostを利用してみてはいかがでしょうか?

料金表

注意

レンタルサーバー料金・機能は変わることがあるので、必ずチェックしてから契約するようにしましょう。

[初心者向け!] mixhostクイックスタートでのWordPressサイト作成手順をご紹介します!

ColorfulBox

ColorfulBoxの特徴
  • 柔軟なプラン移動が可能
  • サイト高速化
  • かんたん操作のコンパネ
  • 地域別自動バックアップ標準搭載
  • WordPress簡単インストールあり

ColorfulBoxは株式会社カラフルラボが運用しています。

初期費用無料で月額480円から利用可能な、高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタルサーバーとなっています。

また、他のレンタルサーバーと比較してもトップクラスのセキュリティ・安全機能を搭載しています。

また、WordPress簡単インストール機能も付いているのでブログをやりたい方は選択肢の候補の一つに入れてもいいかもしれません。

料金表

注意

レンタルサーバー料金・機能は変わることがあるので、必ずチェックしてから契約するようにしましょう。

ブログに最適! レンタルサーバー ” ColorfulBox(カラフルボックス) ” とは? 特徴・料金・手順をまとめてみました!

3.まとめ

今回、WordPressを使用できるレンタルサーバーを紹介しました。

この記事がレンタルサーバーを考えている方の参考になれば幸いです。

また、レンタルサーバーと同時に独自ドメインも必要になるかと思います。

オススメのドメイン業者をまとめた記事もありますので、こちらもご覧になって下さい。

[2021年最新版] 実際に使ってみた! ドメイン取得できるオススメのドメイン業者比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です