【無料期間あり】ABLENET VPS Windowsリモートデスクトップの使い方を解説!

サーバーを探している人

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • WindowsServerとは?
  • ABLENET VPSとは!?
  • ABLENET VPS Windowsリモートデスクトップの使い方
  • Windows Serverを利用できるおすすめのVPS

テレワークが導入されたという企業も多いのではないでしょうか?

自宅のPCに作業データを残したくない方、PCスペックに不安をお持ちの方、Mac PCしかお持ちでない方もいると思います。

そんな中、注目されているのが仮想デスクトップです。

テレワークの実現へセキュリティ、運用管理、コスト、性能などの課題を解決して、いつでもどこでも端末を気にせずオフィスと同等のPC環境を利用できるサービスです。

仮想デスクトップは仮想PCをサーバー上に作成し、そこを手元のPC等の端末からアクセスする仕組みです。

このサービスの最大のメリットは、利用する端末を選ばないことです。

WindowsServerが利用できるVPSサーバーを使えば、上記のようなお悩みをお持ちの方でも、すぐに快適なテレワーク環境を手に入れる事ができます。

中でもWindowsServer VPS【ABLENET】はオススメです。

この記事がWindowsServerを導入したい方の手助けになれば幸いです。

是非、最後まで読んで頂ければと思います。

\最大10日間のお試しが可能!/

この記事の対象者

WindowsServerとは?

特徴
  • Microsoft製品との親和性が高い
  • Active Directoryによるクライアントリソース管理
  • Microsoft社の強力なサポート体制
  • 利用実績や信頼性が高い

Windows Serverは、Microsoftからリリースされているサーバー系OSです。

Windowsといえば、Windows10などのデスクトップOSを思い浮かべる方が多いと思います。

Windows Serverは、Webサーバーやデータベースサーバー、メールサーバーなど、利用者にさまざまなサービスを提供しています。

Windows Serverは多くの企業などで利用されている実績があり、サポート体制もしっかりしているのでユーザーも安心して利用できますね。

ここ最近、新型コロナウィルス感染予防対策としてテレワーク在宅勤務が推奨されており、リモートデスクトップ環境構築をしたいという方もいます。

リモートデスクトップ環境ならインターネット経由でどこでも同じデスクトップ環境が使えて、データを物理的に持ち出さないため安全・簡単にテレワークを導入できます。

\最大10日間のお試しが可能!/

ABLENET VPSとは!?

\最大10日間のお試しが可能!/

特徴
  • 低価格VPSからハイスペックまで、豊富なラインアップ
  • レンタルサーバー/ホスティングサービスの提供を安定して20年以上
  • 最大10日間のお試しが可能

ABLENET VPSは株式会社ケイアンドケイコーポレーションが提供しているVPSとなっています。

株式会社ケイアンドケイコーポレーションはレンタルサーバー/ホスティングサービスの提供を安定して20年以上継続してきています。

そのため、ユーザーの方も安心して利用できますね。

仮想デスクトッププランでは、WindowsServer2019(Win2プラン以上)、2016(Win2プラン以上)、2012R2を選択することが可能です。

バージョンについては、利用開始後に初期化で変更可能です。

VPSのWindowsプランとして「Win1~Win4」までの4プランが用意されており、面倒な設定なく、お申込み後、1時間~2時間程度でWindowsServerを利用できます。

現在キャンペーンを行っており、Win1とWin2がお得に契約できます。

これを機会に是非ABLENET VPSを利用してみてはいかがでしょうか!?

\最大10日間のお試しが可能!/

ABLENET VPS Windowsリモートデスクトップの使い方

それではABLENET VPS Windowsリモートデスクトップの使い方をみていきましょう。

STEP.1
申し込む

\最大10日間のお試しが可能!/

まずはABLENET VPS Windowsリモートデスクトップを申し込みましょう。

手順に沿って申し込むだけです。

STEP.2
リモートデスクトップ接続

リモートデスクトップを行うパソコンで接続設定を行います。

パソコンを起動し、「スタート」、「Windowsアクセサリ」、「リモートデスクトップ接続」を順にクリックします。

リモートデスクトップ接続で「オプションの表示」をクリックします。

「全般」タブの「ログオン設定」で以下の方法を入力し、「接続」をクリックします。

(1) コンピュータ:IPアドレス を入力

※「設定完了通知」の「コンピュータ」もしくは「IPアドレス」、又はABLEパネルの「サーバー契約情報」参照

(2)ユーザー名:administrator と入力

administratorのパスワードを入力して「OK」をクリック。

※「設定完了通知」の「初期パスワード」、又はWindows Serverインストール時に設定したパスワード

Windows Serverのログイン画面(下記例はWindows Server 2012R2)が表示されれば接続は成功です。

\最大10日間のお試しが可能!/

Windows Serverを利用できるおすすめのVPS

ABLENET VPS Windowsリモートデスクトップ以外にもWindows Serverが利用できるVPSがあります。

Windows Serverを利用している方は他のVPSの利用も検討してみることをオススメします。

サービス名 特徴 無料期間 詳細 公式HP
ConoHa for Windows Server ・初期費用は無料
・SSD標準、超高速VPS
・いつでもどこでも接続可能
・Microsoft Officeが利用できる
・24時間安定稼動で安心
・すぐに使えるVPS
さくらのVPS for Windows Server ・いつでもどこでもWindowsが使える
・圧倒的なストレージ性能
・複数台対応!接続数に上限なし!
・複雑な操作もクリックひとつ!
・簡単に上位プランに変更
ABLENET VPS ・低価格VPSからハイスペックまで、豊富なラインアップ
・レンタルサーバー/ホスティングサービスの提供を安定して20年以上
・最大10日間のお試しが可能
KAGOYA CLOUD VPS ・スペック変更(スケールアップ)が簡単
・複数のサーバーでローカルネットワークが構成できる
・ストレージは全てSSD搭載なので高速処理で快適
・操作性抜群のコントロールパネル
・充実したサポート体制

まとめ

この記事ではWindowsServer VPS【ABLENET】の使い方をまとめてみました!

簡単にインストールできるので是非利用を検討してみてください。

\最大10日間のお試しが可能!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です