[爆速] ConoHa VPSにMattermostをインストールする方法を解説!

Mattermostを導入したい人

ConoHa VPSにMattermostをインストールしたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • Mattermostとは!?
  • ConoHa VPSとは!?
  • ConoHa VPSにMattermostをインストールする方法

チャットツールであるMattermostを利用したいという方はいませんか!?

Mattermostだとメッセージ数の上限はなく、容量の許す限りメッセージを送ることができます。

また、独自ドメインを設定したり、GitLabとの連携やWebRTCを使ったビデオ通話等もする事ができます。

Mattermostは色々と使い勝手がいいです。

Mattermostをインストールできるサーバーが限られていますが、ここでは「ConoHa VPS」を利用してMattermostをインストールしていきます。

気になる方は是非最後まで読んで頂けたらと思います。

\簡単に導入できるMattermostテンプレート提供中!/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

1.Mattermostとは!?

Mattermost(マターモースト)とは、オープンソースのセルフホスティング式のチャットツールです。

SaaSのチャットツールであるSlackの代替プロダクトとして利用することができ、特にセキュリティ要件としてSaaSが利用できないようなケースに適しています。

Mattermostはゲーム開発スタジオとして活動しているSpinPunchという企業の内部チャットとして2013年より構想が練られはじめました。

その後、2015年にGo言語とReact.jsを用いて再構成され、オープンソースとして公開されました。

グループチャット、プライベートチャット、履歴の保持と検索などのチームコミュニケーションに必要な機能が揃っています。

SlashコマンドやWebフック機能を使った他サービスとの連携による拡張性の高さも特徴の一つです。

\簡単に導入できるMattermostテンプレート提供中!/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

2.ConoHa VPSとは!?

\簡単に導入できるMattermostテンプレート提供中!/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

特徴
  • すぐに使えるVPS
  • 初期費用は無料
  • 直感的に使えるコントロールパネル
  • 種類豊富なテンプレート
  • SSD標準、超高速VPS

ConoHa VPSはGMOが提供しているサービスとなっています。

初期費用なし、ひと月542円から使用でき、豊富なテンプレートイメージと高速SSDによって、たったの25秒で「今すぐ使える」サーバーが作れます。

サーバーを追加するときに、サービスに合わせたテンプレートを選択することで、サーバー作成と同時にOSのインストールやアプリケーションサーバーの構築が完了します!

ConoHa VPSを使いこなすにはWebアプリケーションを公開するまでの設定が必要になります。

そのため、サーバー構築を自分でできる、試しでWebアプリケーションを公開してみたいという人にとっていいでしょう。

ConoHa VPSを3ヶ月以上ご利用の場合におトクな長期利用割引きっぷを用意されています。

きっぷの有効期間が長ければ長いほど割引率がアップし、よりおトクにConoHa VPSを利用できます。

\簡単に導入できるMattermostテンプレート提供中!/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

3.ConoHa VPSにMattermostをインストールする方法

MattermostはSlackのようなチャット用のアプリケーションです。

Mattermostだとメッセージ数の上限はなく、容量の許す限りメッセージを送ることができます。

また、独自ドメインを設定したり、GitLabとの連携やWebRTCを使ったビデオ通話等もする事ができます。

\簡単に導入できるMattermostテンプレート提供中!/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

Mattermostアプリケーションイメージのインストール手順

STEP.1

コントロールパネルへログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

STEP.2

イメージタイプ「アプリケーション」から「Mattermost」を選択します。

 

初期設定

STEP.1

Webブラウザで「http://[VPSのIPアドレス/」にアクセスします。

こちらの画面で管理者アカウントを作成します。上から順に「メールアドレス」「ユーザー名」「パスワード」で任意のものを入力します。

ログイン画面が表示された場合は、「http://VPSのIPアドレス/signup_email」にアクセスします。

STEP.2

チームを作成するか、システム設定をするかの画面です。ここではチームを作ってみようと思います。

「Create a new team」をクリックします。

STEP.3

「Team Name」に任意のチーム名を入力して「Next」をクリックします。

STEP.4

作成したチームにアクセスする際のURLを設定します。好きなURLを入力して、「Finish」をクリックします。

STEP.5

チュートリアルを確認することができ、一通りの使い方を学ぶことが出来ます。

言語を日本語に設定する

STEP.1

管理画面のメニューから「Account Settings」をクリックします。

STEP.2

「Display」をクリックして、「Language」のプルダウンからから「日本語」を選択、「Save」をクリックすると日本語に設定ができます。

 

[/tl]

メール通知の設定

STEP.1

STEP.2

「設定」を選択し、「サイトURL」に設定したいURLを入力します。

※独自ドメインを使う場合は、DNSのAレコードの設定も必要となります。
ConoHaのDNSをご利用の場合はコチラもご参考にしてください。

※独自ドメインをお持ちでない場合でも、「http://[VPSのIPアドレス]」を設定する事が出来ます。

STEP.3

左のメニューから「電子メール」を選択し、「通知電子メールを有効にする」で「有効」を選択して「Save」をクリックします。

4.まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

ConoHa VPS」はMattermostを導入できる数少ないサーバーです。

これを機会に是非「ConoHa VPS」でMattermostを導入してみてはいかがでしょうか!?

\簡単に導入できるMattermostテンプレート提供中!/
最大23%OFFのVPS割引きっぷ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です