2020年7月31日より「押さえておきたいWeb知識」をリニューアルしました。

英会話超初心者だった私がまず1番最初にやったこと

英会話をはじめたいけど、まず何をはじめたらいいのかわからない!

とお悩みの方は多いのでは?

筆者は、英会話超初心者時代の話せる英語は

Yes!” と “No!” だけ

中1英語すら全く出てこない状態から始めました。

そんな状態からスタートし、それから半年が経過した頃には

近況、趣味、文化の違い、旅行の話を堂々と話せるようになりました。

今回は、筆者が「今日から英会話を本気で勉強する。」と決めた日からやったことをご紹介します。

 

 

筆者は英語を勉強する前からNetflixにドはまりし、時間があったら海外ドラマを見るという生活を送っていました。

 

英語を勉強する前は、音声は日本語の吹き替えのみ

なんなら、日本語音声のない海外作品は見ない(見たくない!)くらいに、

英語を聞きたくない、英語が雑音に聞こえるという感じでした。

 

そこでまずやったのは、ただ音声を日本語吹き替えを英語オリジナルに変えただけ!

 

筆者の場合、英語が雑音に聞こえる。ということが課題だと気づき、

まずは英語を耳に入れ、英語を聞くことが当たり前な生活に変えることとしました。

ですが、英語を聞いたところで、いきなりネイティブの話す英語がはっきり聞こえ、理解できるわけありませんね。

 

大丈夫です。

 

字幕は日本語でOKですし、無理に英語をきちんと聞き取ろうとしなくても大丈夫です。

 

”1日10分の短いアニメーションを1話だけ見る。”

”通勤時間を利用して、海外ドラマを見る。”

 

まずはただそれだけでいいのです。

日本人はスピーキングと同じくらい、リスニングが苦手な人が多いのが特徴です。

まずは、英語で映画やドラマを楽しみましょう!

 

  • 映画・ドラマを英語音声で見よう
  • 日本語字幕で見よう
  • 英語で何て言っているか、聞き取ろうとしなくてもOK
  • 単純に作品を英語で楽しもう
英会話超初心者だった私がまず1番最初にやったこと

\ 海外ドラマを見るならU-NEXT /

 

2.フォニックスをやる

 

誰でも知っているアルファベット”A”

この”A”を正しく発音できますか?

「エィ」もしくは、「エー」と発音してしまう人、日本人は多いはず。

なぜなら学校でやらないからです。

 

実はこの「エィ」、「エー」というのは

アルファベットの名前なだけで、発音は全く違います

その発音こそが、フォニックスです。

 

英語の発音は日本語には存在しないので、カタカナを使って説明はできません。

YouTubeで是非、「フォニックス」と検索してみてください。

いいビデオが沢山あるはずですので、出来るまでやってみてください。

 

フォニックスをやると、自分でもびっくりするぐらい

まで全く聞こえてこなかった単語が聞こえるようになったり

洋楽を歌うことだってハードルが一気に下がります。

 

バリバリの日本語英語を卒業する第一ステップは、

このフォニックスしかないと言っても過言ではないくらい超重要です。

 

フォニックスをやると….

  • 本物の発音を聞き取れる・言えるようになる
  • リスニング・スピーキング力がぐっと上がる
  • 日本語英語卒業に向けての第一ステップへ

3.英検4級までの単語を覚える

 

筆者は文法も語彙も壊滅的だったため、

まずは”文法は気にせずに知っている単語を並べて話す

ということを目標にし、中1英語の単語を復習しました。

 

超初心者にありがちなこととして、

言われればわかるけど、実際の会話ではパッと単語が出てこない。

ということがあります。

 

例えば、

go 行く /  come 来る

これらまさに一番最初に出てくる動詞ですね。

 

しかし、こんな簡単な動詞でも初心者にとっては、パッと出てこなかったり、間違って使われていることが多い代表的な動詞です。

ライティングでは間違えないのに、スピーキングだと間違えるといったものが、中1英語でも沢山あるのです。

 

まずはこういった超簡単な単語を少しずつ反射的に言えるようにしていくことです。

筆者は、まず中1レベルの語彙力をつけるために、学研から出版されている

英検ランク順英検4級英単語730を購入しました。

おすすめの単語帳! 「英検ランク順英検4級英単語730

英検4級までの語彙を覚えると、簡単な自己紹介をできる語彙力を身につけることができます。

こちらの単語帳の使い方や、なぜ超初心者におすすめなのかを詳しく説明した記事がありますので、是非一緒に見てみてください。

▶あわせて読みたい

【必見!】英語初心者へのおすすめ英単語帳

 

  • 基礎的な単語をパッと言えるようにしよう
  • 英検4級程度で、自己紹介ができる語彙を身に着けられる
  • 文法はとりあえず気にしない

4.あとがき

 

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したものは、お金をなるべくかけずに・今すぐ出来るものです。

 

まずは、どんなことも続けること

筆者は3つしか挙げませんでしたが、この3つだったからこそ

超初心者でも挫折せず続けることができました。

 

最初から、語彙、文法、発音、スピーキング、リスニング…

などやっていたら、ほとんどの人が挫折します。

英語を話せるようになるのに、必勝法はありません

まずは今自分にできることを少しずつやっていきましょう!

 

▶あわせて読みたい

英会話初心者から少しだけレベルアップする勉強法 【英会話】 英会話力が格段に向上する文法書はこれだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です