2021/2/18 「HTML&CSS辞典」をオープンしました! 是非、ご覧になってください!

[必見!] Webサイト、Webページ、ホームページの違いを分かりやすく解説!?

Webサイト、Webページ、ホームページとよく耳にすると思いますが、同じような意味合いで使用されていることが多いかと思います。

しかし、Webサイト、Webページ、ホームページは本来異なる意味を持っています

そこで、この記事では「Webサイト、Webページ、ホームページの違い」、「Webページが表示される仕組み」、「Webサイトの構造」について解説していきます。

是非、最後まで読んで頂ければ幸いです。

Webサイト、Webページ、ホームページは本来異なる意味を持っているのですが、それぞれどのような意味合いを持っているのでしょうか?

結論

Webサイト:特定のドメイン内で運営されているWebページの集まり

Webページ:Webサイト全体の1つのページ

ホームページ:Webブラウザを起動した時に最初に表示されるWebページ

Webサイトとは?

Webサイトとは特定のドメイン内で運営されているWebページの集まりのことです。

Webページとは?

WebページとはWebサイト全体の1つのページのことです。

Webサイト内のWebページ同士はリンク機能でつながっており、WebページからWebページへと移動できるようになっています。

例えば、企業サイトは会社概要、代表挨拶、製品・サービス一覧、ニュース等で構成されていますが、企業サイト全体をWebサイトと呼び、企業サイト内の1つのページをWebページと呼びます。

ホームページとは?

ホームページとはWebブラウザを起動した時に最初に表示されるWebページのことです。

本来、ホームページは上記のような意味を持っていましたが、次第にWebサイトのトップページもホームページと呼ぶようになり、更にWebサイト全体もホームページと呼ばれるようになりました。

このようにWebサイト、Webページ、ホームページという言葉は同じ意味で使われることがありますが、本来違う意味を持っています。




2.Webページが表示される仕組み

次にWebサイト内のWebページがどのように表示されているのかみていきましょう。

ここではWebページがどのような過程で表示されるのか簡単に説明します。

STEP.1
Webブラウザを起動し、アドレスバーにURLを入力する
STEP.2
WebブラウザがIPアドレスをDNSサーバーに問い合わせる

アドレスバーに入力されたURLの中のドメイン名からどのIPアドレスと関連付ければいいかDNSサーバーに問い合わせます。

STEP.3
DNSサーバーがIPアドレスを特定し、Webブラウザに返答する
STEP.4
Webブラウザが特定したIPアドレスのWebサーバーに問い合わせ、データを要求する

Webサイトを表示するためにはHTMLファイル、CSSファイル、画像データ等が必要になります。

これらのファイルは特定したIPアドレスのWebサーバーに格納されています。

STEP.5
WebサーバーがWebブラウザにデータを転送する

WebサーバーがWebブラウザにHTMLファイル、CSSファイル、画像データ等を転送することで、WebブラウザにWebページが表示されます。

ドメインについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

ドメインとは? ドメインの種類と構造を分かりやすく解説します!

IPアドレスについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

[必見!] IPアドレスとは? 分かりやすく解説します!

DNSサーバーについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

DNSサーバーとは? DNSサーバーの仕組みとは?




3.Webサイトのディレクトリ構造

Webサイトはフォルダ、ファイルで構成されており、種類別にフォルダ分けされています。

ページやデータ毎にフォルダ分けをすることで、Webサイトの規模が大きくなってきた時、管理が容易になり、検索エンジンからクローリングされやすい等のメリットがあります。

種類別に分けられたフォルダのことをディレクトリと呼びます。

また、種類別に分けたフォルダ構造をディレクトリ構造と呼びます。

ディレクトリ構造は集まり毎に階層が下がっていくツリー構造になっています。

ツリー構造は1つのフォルダに対して、複数のフォルダに枝分かれして広がっていく構造のことです。

目的のページやファイルを上位の階層と関連付ける時に、関連性を持たせる必要があります。

ツリー構造がしっかりとできていない場合、ページやファイルを見つけづらくなるので、注意が必要になります。




4.Webサイト公開に必要なファイル

Webサイトはディレクトリ構造になっていることが分かりましたが、どのようなファイルで構成されているのかみていきましょう。

代表的なファイルは以下の通りです。

HTMLファイル

HTMLとはHyper Text Markup Languageの略で、Webページの内容を記述するために使用される言語です。

HTMLは静的なWebページを作成する時に使用され、1ページにつき、1つのHTMLファイルが必要になります。

拡張子は「.html」となり、ファイル名はページに合った名前をつけることが一般的となっています。

CSSファイル

CSSとはCascading Style Sheetの略で、HTMLのタグで囲んだ範囲の文字の色、大きさ、背景の色や配置等を指定するために使用します。

CSSファイルを書き換えるだけで全ページを変更することができます。 拡張子は「.css」となります。

画像ファイル

Webページには文字だけでなく、画像を表示させたい場合があります。

そのような場合、HTMLファイルやCSSファイルと区別して画像を管理します。




5.ポイント

ポイント
  • Webサイトとは特定のドメイン内で運営されているWebページの集まりのことです
  • WebページとはWebサイト全体の1つのページのことです
  • ホームページとはWebブラウザを起動した時に最初に表示されるWebページのことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です