[初心者向け] ドメインとは? サブドメインの違いは? 種類と構造を分かりやすく解説!

ドメインはIPアドレスと同じくインターネットの住所のような役割を担っており、Webサイトを公開する時に欠かせないものです。

しかし、ドメインとは何か詳しく分からないという方もいると思います。

そこで、この記事ではドメインに関する基礎知識を分かりやすく解説していきます。

最後まで読んで頂ければと幸いです。

ドメインはIPアドレスと同じくインターネット上の住所のような役割を担っています。

それではドメインとIPアドレスはどのような違いがあるのでしょうか。

IPアドレス:数字だけで記載されたもの

ドメイン:人間が分かりやすいように文字に変換したもの

ドメイン名はWebサイトを公開・閲覧する時に必要で、URLの一部に使用されます。

具体的にドメイン名はWebサイトのURLのどの部分に使用されているのか当サイトのURLでみていきましょう。

当サイトのURLは「https://www.web-knowledge-info.com」となっていますが、ドメイン名は「web-knowledge-info.com」の部分となります。

また、ドメイン名はWebサイトのURLだけでなく、メールアドレスの「@」以降にも使用されています。

もし、IPアドレスについて詳しく知りたい方は以下の記事もご覧下さい。

[図解] IPアドレスとは? 割り振りのルール・種類を分かりやすく解説します!




2.独自ドメインとサブドメインの違い

Webサイト公開時、ドメインを取得する必要がありますが、ドメイン取得時に独自ドメインとサブドメインという言葉をよく目にします。

そこで、独自ドメインとサブドメインとは何か、独自ドメインとサブドメインにどのような違いがあるのかみていきましょう。

独自ドメインとサブドメインとは?

独自ドメインとは

独自ドメインはその名の通り、オリジナルのドメインのことです。

既に他のユーザーがドメインを使用していない場合に限り、オリジナルのドメインを設定することができます。

サイトに合わせたドメインを取得することができれば、サイトの役割が明確になり、検索エンジンによる評価も高くなる傾向にあります。

サブドメインとは

サブドメインは1つのドメインを用途に応じて複数に分割して設定するドメインのことです。

サブドメインは複数のドメインを取得する手間やコストを省くことができる反面、検索エンジンは各サブドメインを別のドメインとして評価するため、検索エンジンの評価が独自ドメインに比べ、低くなります。

独自ドメインとサブドメインの違い

次にGoogleのドメインを利用して、独自ドメインとサブドメインの違いを見ていきましょう。

Googleの検索エンジンのURLが「https://www.google.co.jp」となっています。

URLの「google.co.jp」が独自ドメイン名となっており、独自ドメイン名の前に文字列を割り振ることでサブドメインを作ることができます。

それではGoogleのサブドメインはどのように作られているのかみていきましょう。

Googleの翻訳機能のURLは「https://translate.google.co.jp」となっています。

「google.co.jp」という独自ドメイン名の前に「translate」という文字列を振り振ることで、「translate.google.co.jp」というサブドメインを作ることができます。




3.ドメイン構造

次にドメイン構造はどのようになっているのかみていきましょう。

「https://www.google.co.jp」を例にドメイン構造を見ていきましょう。

「https」は通信プロトコル「www」はホスト名「google.co.jp」はドメイン名を示しています。

ドメイン名は「.」(ピリオド)で区切られ、右からトップレベルドメイン、セカンドレベルドメイン、サードレベルドメインという構造になっています。

トップレベルドメイン

トップレベルドメインは「jp」と記載されている部分です。

トップレベルドメインは汎用トップレベルドメイン国別トップレベルドメインに分けられます。

汎用トップレベルドメインは利用者の誰でも取得できるドメインのことです。

一方、国別トップレベルドメインは国・地域毎に割り当てられているので居住している利用者でないと取得できません。

セカンドレベルドメイン

セカンドレベルドメインは「co」と記載されている部分です。

セカンドレベルドメインは組織を表すドメインが入っています。

サードレベルドメイン

サードレベルドメインは「google」と記載されている部分です。

サードレベルドメインは利用者が独自に取得することができます。

ディレクトリ

ディレクトリはドメインの後に「/(スラッシュ)」に続けて表記されます。

Webサイト内のどの階層にあるページかがわかります。




4.トップレベルドメインの種類

トップレベルドメインには様々な種類が存在しており、ドメイン毎に用途、制限が異なります。

ここでは世界共通で利用される汎用トップレベルドメイン(gTLD)と国や地域を割り当てた国別コードレベルドメイン(ccTLD)を解説します。

汎用トップレベルドメイン(gTLD)

汎用トップレベルドメイン(gTLD)は利用者の居住国に関係なく、誰でも取得できるドメインです。

以下が汎用トップレベルドメイン(gTLD)です。

ドメイン名 用途 制限
.com 商用 制限なし
.net ネットワーク 制限なし
.org 非営利団体 制限なし
.info 情報提供 制限なし
.biz ビジネス 制限なし

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)は利用者が居住国にいないと取得できないドメインです。

アメリカであれば「.us」、日本であれば「.jp」と国を表したドメインのことです。

「.jp」で終わるドメインで、機関や組織を表したドメインを属性型ドメイン名と呼びます。

1つの機関や組織で1つのドメイン名の登録が可能です。

以下が国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)です。

ドメイン名 用途 制限
.co.jp 会社等 法人
.or.jp 財団法人、社団法人、宗教法人等 法人
.ne.jp ネットワークサービス提供者 個人・法人
.ac.jp 学校法人等 法人
.ed.jp 幼稚園、小学校等 法人




5.入門的なWeb知識を習得したい方へ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

もっと入門的なWeb知識を学びたいと思っている方はいないでしょうか?

そんな方に「この一冊で全部わかるWeb技術の基本」という本がオススメです。

初学者がいきなりWebに関する専門書を読み始めると挫折することが多いです。

そこで途中で挫折せずに最後まで読み切れて、Webの全体像を把握するのに便利な一冊になっています。

この本は初めての方にも読みやすいように見開き1ページで文章と図を織り交ぜて端的に解説されています。

この本で全体像を理解してから専門書を読むと取り組みやすいかと思います。

もし、Webに関する入門的な知識を幅広く知りたいと思った方はこちらの本を是非読んでいただければと思います。




6.ポイント

ポイント
  • ドメインはIPアドレスと同様、インターネット上の住所の役割を担っており、人間が分かりやすいように変換したものです
  • ドメインは独自ドメインとサブドメインの2種類あります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です