[Web用語] オープンソースソフトウェアとは? フリーソフトウエアの違いも分かりやすく解説します!

1.オープンソースソフトウェアとは?

オープンソースソフトウェア(略:OSS)とは名前の通りソースコードをオープンにしているソフトウェアのことです。

Webでよく使用されるソフトウェアの多くはオープンソースで開発されています。




2.解説

実際にWebアプリケーションなどで様々なオープンソースソフトウェアが利用されています。

例えば、オペレーティングシステムであるLinux、データベース管理システムのMySQL、プログラミング言語のJava、Perl、PHP、Python、WebブラウザのFirefoxなどがあります。

オープンソースソフトウェアの定義

オープンソースソフトウェアと呼ばれるには以下のような条件を満たしている必要があります。

  1. 再配布を自由に認めること
  2. ソースコードを無償で配布すること
  3. 派生ソフトウェアの配布を許可すること
  4. ソースコードのどの部分が、作者オリジナルのコードかわかるようにすること(作者コードの完全性)
  5. 個人やグループに対する差別をしないこと
  6. 使用分野に対する差別をしないこと
  7. プログラムに付随する権利はすべての再頒布者に平等に与えられること(ライセンスの分配)
  8. 特定の製品だけに限定したライセンスにしないこと
  9. 他のソフトウェアを制限するライセンスにしないこと
  10. ライセンスは技術的に中立であること

もし、ソースコードを利用するためにライセンス料を払う必要があったり、再配布する際に許可が必要な場合、オープンソースと呼びません。

ソフトウェアは作者の権利を守るためにライセンスを定めて公開されます。

ライセンスにはそのソフトウェアに関する権利を有しているのは誰なのか、どのような制限があるのかなどが記載されています。

ユーザはライセンスに違反しない範囲でソフトウェアを利用できます。

オープンソースソフトウェアも同じようにライセンス付きで公開されています。

ライセンスにはソースコードの公開や再配布に関する条項が組み込まれています。

オープンソースのライセンスには様々な種類が存在しています。

ソースを改変した際、そのソースを組み込んだソフトウェアのソース全体を公開しなければならない厳密なGNU、GPLや寛容なApacheライセンス、MITライセンス、BSDライセンスなどがあります。

GPLではソフトウェアを改変して再配布する際にも必ずもとのソフトウェアと同じライセンスを付加することが義務付けられています。

このようなライセンスはコピーレフトと呼ばれます。

これによって他人がオープンソースの権利を自分のものにしたりすることを防ぐことができます。

オープンソースソフトウェアとフリーソフトウェアの違い

フリーソフトウェアとは?

フリーソフトウェアとは、利用者が自由に使用、複製、改変、再配布などを行うことができるソフトウェアのことです。

無償で入手・利用できるソフトウェアという意味で用いられる場合もありますが、無償のソフトウェアのことは「フリーウェア」と呼んで区別すべきだとする主張もあります。

ソースコードが公開され、誰でも自由に入手できるソフトウェアをオープンソースソフトウェア(OSS:Open Source Software)と呼びます。

大半のオープンソースソフトウェアはフリーソフトウェアでもありますが、開発元が適用するライセンス(利用許諾契約)によっては、必ずしもプログラムの取り扱いが完全に自由なわけではないため、フリーソフトウェアとは呼べない場合もあります。

企業がソフトウェア製品を独自のライセンスでオープンソース化した場合などにこのような事例がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です